JYJ ジェジュン、コンサート中に失神?会場に緊迫した空気流れるも、実は“エイプリルフールイベント”…特別だったアジアツアーフィナーレ公演

OSEN |

写真=C-JeSエンターテインメント
JYJのジェジュンがアジアツアーの台湾・高雄公演を成功裏に終えた。

今月1日、台湾の高雄で初めてコンサートを開催したジェジュンはエイプリルフールを迎え、ファンと特別な思い出を作った。

台湾ファンはオープニング曲が終わると一斉に「実は私たちはアンチャン(ジェジュンのマネージャー) のファンだった」というプラカードを持ち、ジェジュンは驚いて爆笑した。ジェジュンは自らマネージャーをステージに呼んで紹介し、ファンはマネージャーの名前を連呼したりもした。

次はジェジュンの反撃だった。ビート感のあるロックステージである「Good morning night」公演後、アンコールタイムでジェジュンがステージ上で倒れたのだ。ジェジュンが倒れると公演は中断され、セキュリティたちがステージに上がり、緊迫した雰囲気を演出した。しばらくして音楽が再び始まり、ファンはお茶目なジェジュンのイタズラに歓声を送り、愛嬌交じりの安堵感を表出した。このように、アジアツアーのファイナル都市である高雄ファンはエイプリルフールにジェジュンと忘れられない思い出を作った。

台湾ファンはジェジュンのすべてのステージに爆発的な反応を見せた。コンサート会場が浮いてしまいそうな凄まじい歓声が絶え間なく続いたことに、ジェジュンも完璧なライブで答えた。青いレザージャケットを着てステージを走りながら「KISS B」のロックバージョンを歌ったジェジュンは「高雄は平穏で静かな都市で、皆さんの歓声がより大きく感じられた。フィナーレステージなので本当に楽しめる公演になればと思う」と感謝の気持ちを伝えた。

独歩的な声色で様々なロックジャンルを繊細かつ恍惚に飾ったジェジュンは、幅広い音域帯で「One Kiss」「Breathing」「Mine」などを歌い、ファンの爆発的な呼応を引き出した。ジェジュンは8人のバンドメンバーと9つの都市を周り、豊かなサウンドと甘く神秘的なボーカルからハードロックの強烈さまで、多彩な曲解釈で埋め尽くしたライブステージを完成させた。特にソロで約3時間を埋めなければならないコンサートで、2年間の空白を感じさせなかったのはジェジュンの卓越した歌唱力と多様なパフォーマンスのためだった。

高雄アリーナを埋めた台湾のファンは、アンコールタイムで韓国語で「ジェジュン! 愛してる」を叫び続け、ジェジュンは「アジアツアーフィナーレが皆さんのおかげで特別で、楽しかった」とし「出来るだけ早いうちにまた来る。高雄が初めてでドキドキだったが、本当に来てよかったと思う」と気持ちを伝えた。

台湾・高雄はジェジュンが初めて訪れた都市だが、ファンの情熱はどの都市にも負けないものだった。公演当日の朝から約4千人のファンは公演会場前を埋め尽くし、ジェジュンのコンサートを待ち、公演の間、ジェジュンが軍服務中にプレゼントとして発表した曲を披露すると、韓国語で一緒に歌うなど、ジェジュンに対する大きな愛を思いっきり表現したりもした。

台湾の関係者は「ジェジュンの台湾での人気を実感することが出来た公演だった。軍服務前のコンサートと同じぐらい熱い関心を集め、高雄で開催された最近のコンサートの中でもっとも大きな声援だった。ジェジュンは到着してすぐに高雄の夜市を訪れ、公演中に様々な言語で台湾ファンと交感するなど、ファンの愛に答える温かい一面を見せた」と明かした。

ジェジュンは除隊後、初めてのアジアツアーで関心を集めた「2017 KIM JAEJOONG ASIA TOUR ‘The REBIRTH of J」で2ヶ月間9つの都市でツアーを成功に導き、再び自身の底力を証明した。

記者 : ソン・ミギョン