キム・ユンジン、神父を演じた2PM テギョンの魅力を語る「男性美が溢れている」

OSEN |

写真=KBS 2TV「芸能街中継」放送画面キャプチャー
女優キム・ユンジンが神父役を演じた2PM テギョンの祭服姿を見て、男性美が感じられると話した。

韓国で18日午後に放送されたKBS 2TV「芸能街中継」では、映画「時間の上の家」の主人公を演じたキム・ユンジンと2PM テギョンがインタビューを行った。

祭服と言えば思い浮かぶカン・ドンウォンとの比較でテギョンは「とてもプレッシャーを感じる」と恥ずかしがっていた。

これにキム・ユンジンは「カン・ドンウォンはモデル出身であるため細い」とし、「テギョンは祭服にもかかわらず、その中の筋肉が感じられる。男性美で溢れている。テギョンが神父だったらすごいことになると思う」と、テギョンを褒めた。

さらにテギョンはやってみたい役について「最近メンバーのジュノがドラマ『キム課長』でかっこいい役を演じているが、それを見て羨ましいと思った。僕もロングコートを着てかっこいい役を演じたい。室長役をやったことがないのでやってみたい」と述べた。

記者 : チ・ミンギョン