「新感染 ファイナルエクスプレス」にはプロローグがあった…長編アニメ映画「ソウル・ステーション/パンデミック」日本公開決定!

KSTYLE |

映画「ソウル・ステーション/パンデミック」(原題:Seoul Station) が今秋新宿ピカデリーほか全国公開が決定した。

2016年韓国興行収入ランキン第一位に輝いた「新感染 ファイナルエクスプレス」のプロローグ(序章) は、ソウルステーションが始まりだった――。

正体不明のゾンビウィルスが拡散されたソウル駅周辺を、ただ生存のために逃げ惑う人々、武力で封鎖しようとする政府。パニックサスペンスと映画的要素を積み重ね、原題の病理を批評性をもって描いた渾身のアニメとなっている。

世界を席巻した怒涛のサバイバルアクション「新感染ファイナルエクスプレス」には恐るべき前日譚(ぜんじつたん/プロローグ) があった!

2016年の韓国映画界は1本のゾンビ映画の話題で持ちきりだった。ソウル発釜山行きの韓国高速鉄道KTXの列車内で発生した感染パニックの凄まじい恐怖を、怒涛のサバイバルアクションとして実写化したその映画は、昨夏同国で封切られるや大反響を呼び起こし、1100万人以上の観客動員数を達する歴史的な大ヒットを記録。カンヌ国際映画祭をはじめとする世界の18の映画祭で上映され好評を博し、日本では「新感染ファイナルエクスプレス」というタイトルでの公開が決定した。ハリウッドでリメイクされるとのニュースも飛び交っている。

まるで突然変異のように韓国に出現した本格的なゾンビ・ホラーに誰もが驚いたが、実はそれには重要な“伏線”があった。「新感染 ファイナルエクスプレス」で鮮烈な実写長編デビューを飾ったヨン・サンホ監督は、もともと知る人ぞ知る気鋭の社会派アニメーション作家。校内暴力を題材にした「豚の王」(11)、新興宗教を扱った「フェイク」(13)で国内外の高い評価を得てきている。そのヨン監督が長編アニメ第3作として完成させたのが「新感染~」の前日譚にあたる「ソウル・ステーション/パンデミック」である。


社会の底辺であえぐ庶民の“魂の叫び”を刻み込んだ巧妙かつスリリングなドラマ、そして衝撃のエンディング!

ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭シルバークロウ賞、アジア・パシフィック・スクリーン・アワード最優秀長編アニメ賞に輝いたほか、数多くの映画祭で絶賛を博した「ソウル・ステーション/パンデミック」は、ソウル駅周辺勃発した感染パニックの始まりを描き、「新感染 ファイナルエクスプレス」の冒頭へと続く物語である。いわゆる“前日譚”として「新感染~」に圧倒された映画ファンの興味を掻き立てるとともに、本作は単独の長編アニメとしても並々ならぬ完成度の高さを誇っている。このジャンルの巨匠ジョージ・A・ロメロの一連の作品が鋭い文明批評をはらんでいたように、借金を抱えた元風俗嬢、勤労意欲をなくしたヒモ男、さらには路上生活者を主要キャラクターに設定し、彼らを取り巻く残酷な現実をスリリングかつ容赦なく描く。

格差社会における階級間の断絶、いざ肝心な時に市民を救ってくれない国家権力の機能不全、極限状況下に露わになる人間のエゴの醜くさ…。これらの痛烈なエピソードを盛り込みながら、社会の底辺であえぐ主人公たちの孤独と絶望をあぶり出す、ヨン・サンホ監督の巧妙にしてリアルなストーリーテリングに引き込まれずにいられない。そして高級マンションのモデルルームを舞台にした皮肉たっぷりのクライマックスでは、誰もが言葉を失うであろう予測不可能なひねりが炸裂! 庶民の心の拠り所である“家”を寓話をこめて、ヒロインのあまりにも切ない魂の叫びを伝える衝撃的なエンディングは、しばし忘れられないほどの深い余韻を残す。まさしくゾンビ映画というジャンルの可能性を押し広げ、現代社会を生きる私たちの胸をえぐる、恐るべき問題作の登場だ。

■作品情報
「ソウル・ステーション/パンデミック」
2017年秋より新宿ピカデリー ほか全国ロードショー

監督・脚本:ヨン・サンホ「新感染ファイナルエクスプレス」
製作:イ・ドンハ、ソ・ユンジュ、ヨン・サンホ
製作総指揮:キム・ウテク、ソ・ヨンジュ、イ・ウン
美術監督:リュン・キヒョン
編集:ヨン・サンホ、イ・ヨンジュン
音楽:チャン・ヨンギュ
声の出演:シム・ウンギョン(ヘスン)…「春のワルツ」「太王四神記」「サニー」「
怪しい彼女」
リュ・スンリョン(ヘスンの父)…「7番房の奇跡」(2013年大鐘賞男優主演賞受賞)「王になった男」
イ・ジュン(キウン)…「俳優は俳優だ」「Mr.Back 人生を2度生きる男」「
IRIS2-アイリス2-」
2016年/韓国/ステレオ・ドルビーデジタル/原題:Seoul Station/上映時間:92分

<ストーリー>
起きていることは現実だ! 世界の終わりは、個々から始まる。
ヘスン(シム・ウンギョン) は奴隷的な風俗店での生活から逃げ出して、現在は甲斐性のない恋人キウン(イ・ジュン) と暮らしているが、キウンが稼ぐ術も、オンラインでヘスンに体を売らせることしかなかった。そのことでケンカし、ひとりで夜のソウルをさまようヘスン。その頃、ソウル駅では血まみれのホームレスが息絶えた後に生き返り、人を襲い、食らいつき始める。ゾンビが人を襲い、襲われた人がゾンビとなってまた人を襲おう。犠牲者は瞬く間に増え、パンデミックの発生を知ったキウンは、ヘスンの父と名乗る男(リュ・スンリョン) とヘスンを探す。一方、政府はソウル駅周辺を封鎖し、事態を終息させようとするのだが…。

記者 : Kstyle編集部