ヒョンビン&ユ・ヘジン主演映画「共助」観客数500万人突破記念ビハインドカットが公開“和気藹々とした現場”

10asia |

写真=CJ E&M
映画「共助」が観客500万人突破を記念し、俳優たちの情熱のケミ(ケミストリー、相手との相性) が収められたビハインドスチールカットを公開した。

1日、公開から15日で累積観客数500万人を突破した映画「共助」は、俳優の息と和気藹々とした撮影現場の雰囲気をそのまま収めたビハインドスチールカットを公開した。

今回公開されたスチールは、ヒョンビン、ユ・ヘジン、キム・ジュヒョクをはじめ、それぞれ異なる個性と魅力を持つ俳優たちの完璧な息と演技への努力を同時に収め、多彩な魅力を伝えている。台本を手から離さず真剣に撮影を準備しているヒョンビンから、現場の雰囲気を愉快にし親近感溢れる笑いを伝えるユ・ヘジン、鋭い眼差しとがっちりとした筋肉質のボディで新たな変身を見せてくれるキム・ジュヒョクの様子まで、俳優たちの情熱でいっぱいだった撮影現場の臨場感あふれるスチールは、視線を集中させる。

それだけでなく撮影の待機中にも終始一貫して笑顔を忘れないヒョンビンとユ・ヘジン、セルフショットを撮りながら仲良く時間を過ごす少女時代 ユナとパク・ミナの様子を収めたスチールカットは、和やかな現場の雰囲気を伝え微笑みを誘う。このように演技に完璧に夢中になっている俳優の姿と、これまでになかったお似合いコンビがそのまま収められたビハインドスチールカットは、映画に豊かな面白さを付け加え衰えることのない興行突風を継ぐであろう。

「共助」は、韓国に隠れた北朝鮮の犯罪組織を捕まえるため南北初の共助捜査が始まり、任務を完遂すべき特殊部隊の北朝鮮刑事とその任務を阻まなければならない生計型韓国刑事の予測できないチームプレイを描いた映画だ。

記者 : ユン・ジュンピル、翻訳 : 前田康代