パク・ソジュン&Ara&ZE:A ヒョンシク主演ドラマ「花郎」視聴率8.3%を記録…前回より上昇

OSEN |

写真=KBS 2TV「花郎」放送画面キャプチャー
「浪漫ドクターキム・サブ」が去り、「花郎(ファラン)」の世界になるだろうか。

18日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、17日に韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「花郎(ファラン)」は全国基準8.3%の視聴率を記録した。

これは前回の放送の6.7%より1.6%ポイント上昇したものであり、SBS「浪漫ドクターキム・サブ」の放送が休止となった12月26日に獲得した13.1%を除き、最も高い視聴率となる。

6.9%でスタートした「花郎」は、「浪漫ドクターキム・サブ」が優位を占めている中、着実に7~8%台を維持し、視聴者から支持を得た。20話のうち10話の放送を終えた現在、主人公たちの恋愛が本格的に進み、花郎の活躍が際立ち、さらに面白くなったという反応も出ている。

そんな中、「浪漫ドクターキム・サブ」が終了したのだ。23日からはチソン主演の「被告人」が放送される予定だ。果たして「花郎」は「浪漫ドクターキム・サブ」が去った後、視聴率上昇と共に月火ドラマ1位になるだろうか。それとも「被告人」が「浪漫ドクターキム・サブ」効果により、月火ドラマ1位でスタートすることになるか、注目される。

記者 : パク・ジニョン