イ・ビョンホン&コン・ヒョジン、映画「シングルライダー」に出演を決めた理由を明かす“衝撃を受けた”

OSEN |

写真=OSEN
俳優イ・ビョンホンとコン・ヒョジン、これまで強烈な演技を見せてきた2人は繊細な感情演技を披露した「シングルライダー」で観客に会う。

イ・ビョンホン、コン・ヒョジン、元Wonder Girlsのソヒは16日、ソウル CGV狎鴎亭(アックジョン) 店で開催された「シングルライダー」制作報告会に出席し、映画について話した。

この日イ・ビョンホンとコン・ヒョジンは「シングルライダー」に出演した理由について話した。イ・ビョンホンは「最初にシナリオを読んだ時の穏やかな衝撃は、僕が『バンジージャンプする』のシナリオを読んだ時の衝撃に似たようなものだった。シナリオを読んだ当時より、時間が経っても心に残り、切ない感情があったので、最初に読んだ瞬間これはやることになるだろうと思った」と明らかにした。

コン・ヒョジンは「『Missing』の時も2~3日間衝撃が続いたと話したけれど、考えてみたらあの時と同じだった。シナリオを見ながら魅了された2本が『Missing』と『シングルライダー』だった。映画を見ると、すごい衝撃を受けると思う。どんでん返しが驚きで、また強い映画だったので驚いた。私が今まで選んできたものに比べて平凡な役だったのでもっと気に入った。私もぜひ参加したいと思った」と伝えた。

お互いに対する期待も作品を選択した理由の1つだった。コン・ヒョジンはイ・ビョンホンに対して「先輩が演技しているのを目の前で見てみたかった。この映画でお互いに共演する時間が少ない。だからこれをウォーミングアップだと思って、もっと本格的に共演できる映画に出演できればと思う。演技を学べる映画に出会わなきゃと思った。今回は緊張もあったし、不安もあった。他の先輩たちよりもっとそうだった」と話した。

イ・ビョンホンも「本当に共演してみたいと思っていた女優だったが、期待していたよりずっと素晴らしかった」とし、賞賛を惜しまなかった。

今回の作品で長編映画デビューをしたイ・ジュヨン監督は、イ・ビョンホン&コン・ヒョジンのキャスティングに対して「あまりにも大きな俳優たちが引き受けてくださってびっくりした。イ・ビョンホンにシナリオを渡すと言われて、その方のホラ吹きだと思った。後で本当にやるといわれて、その時からジェットコースターの連続だった」と心境を伝え、笑いを誘った。

ソヒは大先輩たちと共演することについて「先輩たちと共演できて嬉しかったけれど、プレッシャーもあって緊張した。撮影に入ったら、イ・ビョンホン先輩がすごく親切に教えてくれて、キャラクターの設定を手伝ってくれた。すごく楽に演技することができた」とし、感謝を表した。

記者 : キム・ギョンジュ