「捏造された都市」チ・チャンウク、スチールカットを公開“囚人服姿から銃撃戦まで”

OSEN |

写真=CJエンターテインメント
映画「捏造された都市」(監督:パク・グァンヒョン) が、従来の韓国型犯罪アクションのカテゴリを超えた新しいスタイルのアクションと見どころ、俳優それぞれの個性を盛り込んだ14種類のスチールカットを公開した。

今回公開された写真は、それぞれ異なる個性を持った人物が捏造された世界を相手に爽快な反撃を繰り広げる過程で見せる完璧なチームプレーと、新鮮なアクション、様々な見どころで視線を引きつける。

一瞬にして殺人犯に仕立てられ、全てを失った平凡な無職の男クォン・ユ役を演じるチ・チャンウクは、難易度の高いワイヤーアクションと激闘シーンとともに内面の複雑な感情をうまく表現し、目を引く。特に強烈な目つきでアクションを披露するカリスマ性あふれる姿から、多くの取材陣に囲まれ怯える姿、囚人服を着て怒った表情で相手を見つめる姿まで、クォン・ユという人物を完璧にこなしたチ・チャンウクの写真は、映画への期待を高め人々の心を掴む予定だ。

続いて対人恐怖症の初心者ハッカー・ヨウルの荒いヘアスタイルとスモーキーメイクなど、強烈なスタイルで暗い魅力を表現したスチールは、シム・ウンギョンのイメージチェンジを期待させる。

そして特殊効果を担当する下っ端スタッフ“デモリション”役のアン・ジェホンのスチールは、間抜けに見えるが、クォン・ユの濡れ衣を晴らすため反撃に合流する意欲あふれる姿で、映画の中で見せる愉快な魅力への期待を高める。

ここにパク・グァンヒョン監督特有の漫画的想像力と新鮮な発想が加わり、華やかで爽快な見どころを入れた画像が視線を引きつける。都心の真ん中で爆発する爆弾とミサイル、上空を占領した巨大な戦闘機が写ったスチールは、圧倒的スケール感で注目を集める。大型スクリーンの上に立ちすべての情報と状況を把握し、事件を捏造する人物の姿が写ったスチールは、すべての事件を操作する背後の勢力についての好奇心を刺激し、劇に緊張感を与える。

このように従来の韓国型犯罪アクション映画の範囲を超えた新しいスタイルの見どころと、個性あふれるキャラクターの姿を盛り込んだスチールを公開した映画「捏造された都市」は、韓国で来月公開される予定だ。

写真=CJエンターテインメント

記者 : イ・ソダム