イ・ソンギョン&ナム・ジュヒョク「力道妖精キム・ボクジュ」放送終了の感想を伝える“幸せだった”

MYDAILY |

写真=MBC
イ・ソンギョンとナム・ジュヒョクがMBC「力道妖精キム・ボクジュ」の最後の撮影を終えて感想を伝えた。

キム・ボクジュ役のイ・ソンギョンは「多忙なスケジュールだったけれど、撮影すればするほど、もっと力を得て、癒しになった作品だった。全ての瞬間がはっきりと思い浮かぶ」と振り返った。

続いて「同僚愛を超えて現場の全ての方々が家族のようだった。皆の純粋な愛と情熱が溢れていた作品だった。気楽に演じられるよう、ヒーリング台本を書いてくださった脚本家の先生、もっとヒーリングできるような現場を作ってくださった監督とスタッフの皆さんに感謝する。ボクジュとして過ごせて本当に身に余るほど、幸せだった」と話した。

チョン・ジュンヒョン役のナム・ジュヒョクは「いつどこでこれほど幸せに演じられるだろうかと思うほど、楽しく撮影した。ジュンヒョンに出会えて幸せだった。最終話の台本をいただいたときは、もう最後だなと思って、感情移入しすぎてとても悲しかった」と伝えた。

「全ての撮影が楽しく、切なく、特別だった」と話したナム・ジュヒョクは「視聴者の皆さんの応援のおかげで頑張って最後までうまく撮影できたと思う。本当に感謝している」と付け加えた。

イ・ソンギョンとナム・ジュヒョクは愛らしい力道部員とイケメンの水泳部員に扮し、心をときめかせる恋愛模様で視聴者の心を揺さぶった。

「力道妖精キム・ボクジュ」は韓国で本日(11日) 夜10時に放送される第16話を最後に放送終了する。

記者 : パク・ユンジン