DVD好評リリース中!「リメンバー」ナムグン・ミン“悪人なら悪人らしく、キャラクターに合わせて演じるだけ”

KSTYLE | |PR

ユ・スンホ主演、衝撃と感動のヒューマン・ラブサスペンス「リメンバー~記憶の彼方へ~」のDVD-SET1&2、DVDレンタルVol.1~10が、好評リリース中! そして1月6日(金) についにDVDレンタルVol.11~16がリリースされた。

除隊後初の地上波ドラマ主演となったユ・スンホは、名優チョン・グァンリョル演じる父の濡れ衣を晴らすために奮闘する若き弁護士ソ・ジヌを演じ、緩急自在な演技力とより男らしい魅力で、その進化と実力を証明! ジヌと父の親子愛に感動と涙の嵐が巻き起こる! そして、ナムグン・ミンが圧倒的な悪のオーラを放つ御曹司ナム・ギュマンを演じ、注目の的に! さらにヤクザ出身の弁護士パク・ドンホを強烈かつユニークに演じ存在感をアピールするなど、カリスマ俳優たちが華を添えている。

今回、DVDのリリースを記念して、ナムグン・ミンのインタビューが到着! 本作を選んだ理由や悪役を演じるにあたっての思いなど、たっぷりと語ってくれた。

―本作への出演を決めた理由を教えてください。

ナムグン・ミン:登場人物だけでみると5、6番手ですが、ナム・ギュマンが持つ強烈なキャラクターに惹かれたからです。

―台本をはじめてご覧になったときはいかがでしたか。また、「匂いを見る少女」に続いての悪役でしたが、プレッシャーはなかったですか。

ナムグン・ミン:続いての悪役ということには、特にプレッシャーはありませんでした。「匂いを見る少女」とは別のキャラクターなので、僕なりにナム・ギュマンという役をこなせる自信がありました。

―「匂いを見る少女」に「リメンバー~記憶の彼方へ(以下「リメンバー」)」と、強烈な悪役で視聴者から愛されていますが、今までの善人で優しいイメージから悪役のイメージへと変わることに心配はありませんでしたか。また、これほど強烈な悪役を演じるために研究されたことや、参考にされた作品などありましたら教えてください。

ナムグン・ミン:心配はしませんでした。演じるときはキャラクターが善人か悪人かにはこだわりません。善人なら善人らしく、悪人なら悪人らしく、そのキャラクターに合わせて演じるだけです。研究したり、参考にしたりした作品も特にはありませんね。

―ナム・ギュマンを演じながら楽しかったこと、つらかったことなど教えてください。

ナムグン・ミン:一緒に撮影する撮影チームの皆や監督との息がとてもよく合ったので楽しく撮影できました。つらかったのは、過激に怒りを露わにするシーンが多すぎたので、そういったシーンを撮った後は、体中の力が抜けてしまい、体力的に大変でした。

―既存の悪役と、ナム・ギュマンの違いは何でしょう。

ナムグン・ミン:これまでの悪役との違いといえば、「匂いを見る少女」のクォン・ジェヒは悪魔のような面を持っていますが、普段はそれを外に出さず、冷たい性格です。「リメンバー」のナム・ギュマンは、ほんの少し気に入らないことがあると、すぐに爆発するようなエネルギーを持った人物というところでしょうか。

―ドラマの撮影中は、普段にもよく腹を立てましたか。

ナムグン・ミン:あまりにも怒りを爆発させることが多いキャラクターだったので、役に没頭しているときは普段よりナーバスになっていた気はします。

―ナムグン・ミンさんの実際の性格は?

ナムグン・ミン:ナム・ギュマンのようにいつも怒ってはいない、内向的な性格です(笑)

―殴ったり、物を壊したりするシーンが多かったですね。内心、気持ちいい(ストレス解消!) と感じたのでは?

ナムグン・ミン:皆にも、怒ることが多いキャラクターだからストレス解消になりそうだといわれましたが、実際はそうでもないんです。演じながら感じたのは、小さなことに腹を立てていると、どんどん大したことでもない、小さなことに腹が立つということです。

―「匂いを見る少女」のクォン・ジェヒと「リメンバー」のナム・ギュマンは、どちらが悪人でしょうか。

ナムグン・ミン:そうですね…どちらも悪人ですけど、実際に殺人を犯しても、なぜ殺人を犯したら悪いのか、まったく感じていないクォン・ジェヒのほうが悪人ではないでしょうか。

―ナム・ギュマンの最後の結末をどう思われますか。

ナムグン・ミン:少し残念な面もありましたが、ドラマというのは、いつも自分が思う通りにはいかないので、あのような結末が彼には合っていると思います。

―記憶に残っているセリフやアドリブなどあれば教えてください。

ナムグン・ミン:アドリブは非常に多いドラマでした。個人的にはアドリブが多いからといって、演技力があるとは思わないのですが。ただ、それだけ監督と脚本家が僕を信じてくれたと考えると、ありがたいです。ちなみに、怒ったナム・ギュマンが運転初心者の車を壊すシーンでのセリフは、すべてアドリブです。

―今後挑戦してみたいジャンルや役割はありますか。

ナムグン・ミン:演技をしながら感じているんですが、どんなキャラクターを、というより、いかに信じて作品を一緒に作っていける演出と脚本かということだと思うんです。そこがそろえば挑戦してみたいです。

■リリース情報
「リメンバー~記憶の彼方へ~」

DVD-SET1&2 レンタルDVD Vol.1~16 好評リリース中
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント ©SBS

DVD 公式サイト:http://kandera.jp/sp/remember/
Instagram ID:Remember1102

記者 : Kstyle編集部