2016年、完璧なビジュアルで輝いたスターたち ― 女性編

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB、映画「お嬢さん」スチールカット、KBS、tvN、Mnet、SBS、MBC放送画面キャプチャー

「2016年もおかげさまで癒やされました」

見ただけで気分が良くなり、笑顔がこぼれること、これこそが癒しだろう。2016年、輝く美貌で疲れた目と心を癒してくれた女性スターたち、2017年も大活躍間違いなしの美女たちをまとめてみた。

ソン・ヘギョ、どう撮ってもグラビアになる美貌

ソン・ヘギョは赤ちゃんのように白い肌と輝く目がトレードマークだ。30代半ばという事実が信じられないほどの若々しい顔と清純な魅力で“ソン・ヘギョ is 最高”という言葉を導き出す。


キム・ユジョン、爽やかな魅力とすでに完璧な美貌

幼い頃からきれいな顔だったキム・ユジョンだが、ドラマ「雲が描いた月明かり」で頂点に達した。男装女子ホン・ラオン役を演じ、成熟した美貌と共に宦官の衣装でも輝くルックスで視聴者の視線を釘付けにした。2016年はドラマと映画で縦横無尽に活躍したが、先日の舞台挨拶での態度が物議を醸したことが残念だ。


TWICE、登場するとおじさんファンたちが倒れる

“綺麗な少女の隣に綺麗な少女”で美貌に穴がないTWICEは、2016年「CHEER UP」と「TT」を大ヒットさせ、人気ガールズグループとしての地位を確立した。際立つ爽やかさと可愛さで韓国の男たちの心をくすぐっている。


チェヨン、なんと1人3役で誠実のアイコンに

ガールズグループI.O.IとDIAとして活動しただけではなく、ドラマ「一人酒男女」でも活躍したチェヨンは、多彩な分野で魅力をアピールした。ステージではか弱い少女のイメージを見せるが、「一人酒男女」では“鷺梁津(ノリャンジン)の核美貌”と呼ばれる公試生(国家公務員の準備生)役で男心を刺激した。


チョン・ジヒョン、出産後も黄金期に負けないビジュアル

「青い海の伝説」を通じてドラマに復帰したチョン・ジヒョンは、出産後であることが信じられないほど細いボディラインで帰ってきた。人魚とシンクロ率200%という賛辞を受け、熱演している。また“ラブコメの大家”という二つ名に相応しく、イメージ崩壊も恐れることなく特有のラブリーな魅力をアピールしている。


キム・テリ、人形のような顔立ちにギャップ満点のボディ

映画「お嬢さん」で一気に浮上したキム・テリは、新人でありながらも大先輩であるキム・ミニと衝撃的な演技を披露し、注目を浴びた。また下女の衣装を身に着けながらもキム・ミニに負けない抜群の美貌で視線を奪った。その後、多数の授賞式で清純なドレス姿を誇り、人形のように整った美貌と抜群のスタイルを披露した。


イ・ソンギョン、七色の魅力に視線集中

イ・ソンギョンは今年初め、ドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」のペク・イナ役を通じて堂々とした姿を披露し、「ドクターズ」では知性と美貌を兼ね備えた医者チン・ソウ役を演じて華やかで女性らしい魅力をアピールした。また「力道妖精キム・ボクジュ」では可愛いチョッピーバングスタイルで爽やかな魅力を誇り、人気を博している。


ソ・ヒョンジン、隠せない非現実的な美貌

白い肌に可愛らしい笑顔を持っているソ・ヒョンジンは、溢れる魅力で“ラブコメのクイーン”として浮上した。ソ・ヒョンジンは「また、オ・ヘヨン」で平凡で醜い女オ・ヘヨン役を演じたが、クールで可愛らしい一面もアピールした。現在放送中の「浪漫ドクターキム・サブ」では、白いガウンと手術服でも隠せない非現実的な美貌を誇示している。

記者 : キム・テヨン