シン・セギョン、寒い冬を忘れさせる美貌…少女と女性が共存するグラビア公開

OSEN |

写真=「marie claire」
女優シン・セギョンが近況を伝えた。

シン・セギョンはファッションマガジン「marie Claire」1月号で、新しい雰囲気のグラビアを披露した。

少女と女性が共存するような雰囲気のこのグラビアは、フェミニンとカジュアルが調和し、シン・セギョンの美しさがさらに光を放った。グラビア撮影現場では、最初のカットを撮った瞬間に拍手喝采が起こった。これに対して、シン・セギョンは恥ずかしげな様子だったが、カメラの前に立つ時はプロフェッショナルな姿で集中力を発揮した。

シン・セギョンの真価はインタビューでも発揮された。脅迫よりは自然な流れを重視する彼女がどんな日常を過ごしているかにフォーカスが当てられた。

インタビューでシン・セギョンは、最近は昔好きだった映画をもう一度観ることにハマっており、短期間の国内旅行に行ってきたと、近況を伝えた。また、友達との関係、大衆との関係を重視するという彼女は、最近大衆と時間を過ごすのが幸せだと明らかにした。また、彼女だけの可愛い“ギルティー・プレジャー”も明かした。

また、自身を朝型人間ではなく“朝ごはん型人間”だと表現するほど、自ら丁寧に朝ごはんを準備するというシン・セギョン。寒い日はトゥルケスジェビ(エゴマのすいとん)を作って食べるという。

シン・セギョンはドラマ「六龍が飛ぶ」の終了後、休息を取りながら次回作を検討している。所属事務所の関係者によると、多数のドラマと映画からオファーが来ているが、慎重に決定する予定だという。

記者 : カン・ソジョン