チョン・ウソン、マカオ国際映画祭の審査委員に選定

OSEN |

写真=OSEN DB
俳優チョン・ウソンが第1回マカオ国際映画祭(International Film Festival&Awards Macao, IFFAM) の審査委員に選定された。

チョン・ウソンの所属事務所であるアーティストカンパニーの関係者は1日、OSENとの取材で「チョン・ウソンがマカオ国際映画祭の審査委員に選定された。7日出国する」と明らかにした。

今年初めて開催される第1回マカオ国際映画祭は、8日から13日までマカオで開催される。タレント部門の広報大使として俳優チャン・グンソクが選定され、映画「パンドラ」(監督:パク・ジョンウ) が韓国の作品としては唯一非コンペティション部門のガーラセクションに公式招待された。

そこにチョン・ウソンが審査委員として参加し、マカオ国際映画祭で韓国の俳優と作品が関心を浴びるとみられる。

記者 : イ・ソダム