「力道妖精キム・ボクジュ」ナム・ジュヒョク、イ・ソンギョンの片思いに気づく

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「力道妖精キム・ボクジュ」放送画面キャプチャー
イ・ソンギョンがナム・ジュヒョクと肥満クリニックで出くわした。

韓国で30日に放送されたMBC「力道妖精キム・ボクジュ」では、ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク) とボクジュ(イ・ソンギョン) がジェイ(イ・ジェユン) のクリニックで出くわした。ボクジュは「小学校の同級生だ。久しぶりだ」と話した。

ジュンヒョンは困惑し、その場にいたジェイは「こんな縁もあるのか。僕の弟と同級生だなんて」と喜んだ。

ジェイは「あの時、僕が言ったチェリストだ」と紹介し、ジュンヒョンは「チェリスト? そうか。君は幼い時から音楽に才能があったよな」とし、ボクジュをフォローした。

その後、ジュンヒョンは「重量挙げの選手がなぜ肥満クリニックに? 君は僕の兄貴に惚れたんだな?」と言うが、ボクジュは否定した。

記者 : イ・ジヨン