B.A.P、日本6thシングル「FLY HIGH」に込めたのは“希望”…「力強いメッセージを受け取ってほしい」

KSTYLE |

12月7日にJAPAN 6THシングル「FLY HIGH」をリリースするB.A.P。先日「FLY HIGH」のMVをKstyleで独占先行公開し、日本活動への期待が高まる彼らをソウルで直撃取材! 12月9~11日には来日プロモーション、1月25日からは東名阪を巡る「B.A.P 2nd Japan Tour」を控えているメンバーに、新曲の聞きどころや、ツアーの意気込みなどを語ってもらった。
※リーダーのバン・ヨングクは現在休養中のため、取材に不参加

―12月7日に日本6枚目のシングルとしてリリースされる「FLY HIGH」の聞きどころは?

ヨンジェ:「夢に向かって走っていこう」という、希望を感じさせるメッセージが込められた曲です。強めの曲調になっていて、そのメロディーによってメッセージが力強く伝えられると思うし、明るいエネルギーに溢れる感じが個人的に気に入っています。

―「FLY HIGH」の中で、気に入っている歌詞などは?

デヒョン:僕のパートで「地平線 何度も越えて」という歌詞があるんですが、“絶対に手を離さない”という比喩のようで気に入っています。歌う時、本当に力を込めて歌える感じがします。

ヨンジェ:僕は「終わらない夢をあげるよ」という歌詞の意味とメロディーが気に入っています。

ヒムチャン:「願うなら 全ては君のもの この世界も 星空も 手に入れよう」という歌詞が、ロマンチックな雰囲気があって好きです。

―「FLY HIGH」のMVの見どころや撮影時のエピソードは?

デヒョン:韓国の新曲、「SKYDIVE」では、僕らの力強く重厚感のある姿をお見せしましたが「FLY HIGH」では、軽やかで明るい姿をお見せしています。ZELOが振付をしたダンスもポイントです。

ZELO:曲を聴いた時、弦楽器の音が印象的だったんですが、その音に合わせるように、手や身体を伸ばすような動作を取り入れたらカッコよくなるんじゃないかと思い構成しました。複雑すぎず、でもカッコよく見える振り付けを心がけました。

ヒムチャン:「SKYDIVE」を3日間かけて撮影した後に、すぐこの「FLY HIGH」のスケジュールで、全く寝ていない状態で撮影に入りましたが、とてもカッコよく撮れていると思います。特にビル屋上のダンスシーンは雰囲気がいいですね。

ジョンアプ:実はちょっと高い所が苦手で、屋上での撮影はドキドキでした…。撮影中はなるべく下を見ないようにして乗り切りました(笑)

―「FLY HIGH」ということで、HIGH=高めたいものは?

ヨンジェ:B.A.Pの歌、ダンス、MVなどすべての活動の完成度を、少しずつでも高めていきたいです。常にその気持ちはあるし、努力はしていますが、終わった後にいつも心残りがあるんですよね。その残念な点を克服していきたいなぁと。個人的には、やっぱり歌ですね。もっと表現力を高めていきたいです。

―カップリング曲の「FIRE FLAME」のポイントは?

ジョンアプ:未来に向かっていくようなサウンドとイメージがある曲で、これまでやってきた曲とはちょっと違うスタイルです。B.A.Pの新しい姿をお見せできるんじゃないかと思います。

ヒムチャン:正直、いままでの僕には無かったスタイルの曲で、レコーディングの時に苦労しました(苦笑)。

―もうひとつのカップリング曲「WITH YOU」は、“ずっと一緒にいたい”という思いを歌った曲。オリジナルは韓国語のナンバーで、その日本語Ver.です。

ZELO:「WITH YOU」はコンサートの時、いつも最後に歌うナンバーなんですが、ファンの方たちに愛されている曲なので、日本語で歌うことになりました。この曲をきっかけに、日本のファンとより近い関係になれるんじゃないかと思います。


初心に戻って、新人グループのような気持ちで頑張りたい

―韓国では一足早く11月に2ndフルアルバム「NOIR」を発売し、ショーケースを行いましたが、いかがでしたか?

ZELO:ヨングク兄さんがいないからか、本当に緊張しました。

―バン・ヨングクさんがお休みの間は、ヒムチャンさんが臨時リーダーとのこと。ショーケース後の記者会見で「負担が大きい」と語っていらっしゃいましたが…。

ヒムチャン:プレッシャーを感じているのは確かです。例えば、韓国の音楽番組ってスケジュールといい、本当に大変なんですよ。誰もケガをすることなくよいステージをお見せしたいと思っています。今回はとにかく初心に戻って、新人グループのような気持ちで頑張りたいです。

―「NOIR」のタイトル曲「SKYDIVE」は、B.A.Pらしいパワフルで激しいパフォーマンスが特徴のナンバーですね。

ヒムチャン:長い間、いろいろな準備してリリースにこぎつけた曲です。

ヨンジェ:曲もダンスもすごくカッコよく構成されているので、その魅力をステージ上で100%の表現できるように頑張りました。パフォーマンス的にも音楽的にも、ヨングク兄さんは本当に大きな存在ですが、僕ら5人が力を合わせて兄さんの穴を埋めて、不足を感じさせないステージをしたいです。

ヨンジェ:ポイントはジョンアプとZELOのパフォーマンス! ふたりがどれだけパワフルですごいか、見てもらいたいです!

デヒョン:振付は自分でしたんだよね?

ジョンアプ:はい。中盤にある僕のソロダンスの振り付けは、僕が自分で作りました。

―ところで、この1年で制作された日本オリジナル曲は、「FLY HIGH」「FIRE FLAME」「FREAKY SOUND」「GOOD TIME」「NEW WORLD」「KINGDOM」「BACK IN TIME」の7曲。この中で一番好きな曲は?

ZELO:「GOOD TIME」です。アルバム「Best. Absolute. Perfect」に収録された3曲の日本オリジナル曲の中で、一番B.A.Pっぽいと思いましたし、当時、表現力を広げてみたいと思っていた時に出会えた新しいスタイルの曲だったので、惹かれるものがありました。
ジョンアプ:僕も「GOOD TIME」。この曲の感性的な部分が好きです。

ヨンジェ:僕は「FIRE FLAME」。どこが、というより、全体的に好きです。

デヒョン:「KINGDOM」です。僕のボーカルスタイルによく合っていたと思いますし、ファンのみなさんがたくさん愛してくれた曲なので、愛着があります。

ヒムチャン:「BACK IN TIME」のメロディーが好きです。

―1月に東京、大阪、名古屋で開催される「B.A.P 2nd Japan Tour」は、B.A.Pとしては日本で初のスタンディングです。意気込みは?

ヨンジェ:すごく楽しそうだし、ファンと近い場所でコミュニケーションができるので、僕らも楽しみにしています。曲も、ファンと通じ合える曲を、いろいろ歌いたいなぁと思います。

ヒムチャン:スタンディングだと、ファンの顔やうちわが本当によーく見えます(笑)


新しい道を作ってきた一年、もっとカッコいい姿を見せたい

―活動休止を経て、昨年11月15日に電撃カムバックを果たしてから早一年。振り返るとどんな1年でしたか?

デヒョン:(日本オリジナル曲7曲のタイトルリストを見ながら)「NEW WORLD」…かな?

ヨンジェ:タイトルそのままじゃん!(笑)

デヒョン:新しい道を作ってきた一年だったと思います。この先も、新しい道を切り開いて、ファンのみなさんにもっとカッコいい姿を見せていきたいと思います!

ヨンジェ:「FLY HIGH」な一年でした(笑)。

デヒョン:マネしないでよ~!(笑)

ヨンジェ:いろんなことがあって、時間が「FLY HIGH」=飛んでいくようでした。大変なこともありましたが、諦めずにここまで走ってこられた、という自信が持てる一年だったと思います。

―もうすぐクリスマスですが、プレゼントとしてほしいものは?

デヒョン:靴がほしいです。どんな靴でもいいです。ちなみにサイズは26.5です(笑)。

ヨンジェ:軍靴をプレゼントするよ(笑)。

ZELO:プライベートジェットがほしいです。僕が運転をして、お兄さんたちを載せて海外に遊びに行きたいですね。実はプレゼントとしてファンからたくさん服をいただいているんですが、サイズが合わないことが多くて…。でも、お兄さんにあげてしまうのも申し訳ないし…。ファンの方、着れなくてごめんなさい!

ジョンアプ:物ではないですが、メンバー6人でパーティーをしたいです。ホテルのような場所で何の心配もせず、気兼ねなく1日中遊びたいです。

ヨンジェ:ほしいのは僕だけの家。安心して休める家がほしいです。プレゼントしてもらっても、もちろん嬉しいですけど、僕が自分自身に買ってあげるのが一番いいのかな、と思います。

ヒムチャン:ほしいのは宝くじ。どんな金額でもいいので当選したいです。その賞金で車のタイヤを買いたいです(笑)。この間、パンクしてしまったので…。

ジョンアプ:(ボソッと) なら、単純にお金をもらえばいいのに(笑)。


来年は、僕らB.A.P6人の絆がもっと強くなる一年になればいいな

―2016年はどんな一年でしたか? そして2017年はどんな年にしたいですか?

デヒョン:「2016年は音楽にまつわるあらゆることに挑戦し、成長する」という目標があったんですが、頑張ったけれど叶わなかった部分もあり残念でした。でも、僕だけでなくほかのメンバーもたくさん努力をして、成長できた一年だったと思います。来年はファンのみなさんにたくさんお会いして、いい姿をお見せしたいです。

ZELO:僕は自分にプラスになることだけを考えるタイプなので、僕を取り巻く環境はいつもいい状態なんですが、今年は僕を助けてくれるいい友達がたくさんできて、幸せな一年でした。来年の目標は、男らしい男になること。練習にもこれまで以上に頑張りたいです。

ジョンアプ:大変なこともありましたけれど、楽しい一年だったと思います。何というか、これが人生なんだなぁと思ったし、人は人らしく生きるのが一番だな、と感じました。来年は努力した分、結果が出る一年になればいいなと思います

ヨンジェ:今年は努力をたくさんして、一生懸命生きた一年だったと思います。いいことも大変だったことも両方ありましたが、この一年を基盤にして、来年はもっと大きな翼を広げていきたいです

ヒムチャン:僕は弟たちに何かをしてあげるのが好きなんですが、ワールドツアーが終わったあと、初めて自分にプレゼントをしました。車なんですが、新車なのにタイヤがパンクしてしまいました…。そんな一年だったので、来年はタイヤがパンクしない年にしたいです(笑)。というのは冗談ですが、何より、僕らB.A.P6人の絆がもっと強くなる一年になればいいなと思います。

ライター:古林由香/撮影:SHIM KYUTAI

■シングル情報
B.A.P JAPAN 6THシングル
「FLY HIGH」
2016年12月7日(水) 発売

Type-A / Type-B / 数量限定盤<Type-A>
マキシシングル+DVD
品番:KIZM.467/8
価格:¥1,713+税
初回プレス分のみスペシャルパッケージ仕様
【CD】
1.FLY HIGH
2.WITH YOU
3.FLY HIGH(Instrumental)
4.WITH YOU(Instrumental)
【DVD】
・FLY HIGH Music Video
・Making of Music Video

<Type-B>
マキシシングル
品番:KICM.1744
価格:¥1,157+税
【CD】
1.FLY HIGH
2.FIRE FLAME
3.WITH YOU

<数量限定盤>
マキシシングル+オリジナルジグソーパズル ※無くなり次第、販売終了
品番:KICM.91743
価格:¥2,685+税
【CD】
1.FLY HIGH
2.FIRE FLAME
3.FLY HIGH(Instrumental)
4.FIRE FLAME(Instrumental)
【特典】
オリジナルジグソーパズル(計3種)

【封入特典】
<数量限定盤>&<Type-A><Type-B>初回プレス分 共通
●抽選券1種ランダム封入(全7種)
・個別ハイタッチ会参加券 メンバー別全6種
・プレゼント応募抽選券 1種
上記7種のうちいずれか1種ランダム封入
※収録内容・仕様等は変更になる場合もございます。

■DVD情報
LIVE Blu-ray/DVD
「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」
2016年12月7日(水) 発売

ワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR」の日本ファイナルとなる2016年7月13日東京国際フォーラム公演を収録した作品。7月12日・13日の東京公演時のメイキング映像も収録。
・Blu-ray
品番:KIXM.260
価格:¥6,500+税

・DVD2枚組
品番:KIBM.617/8
価格:¥5,900+税

~LIVE収録曲~
WARRIOR
WHAT THE HELL
NO MERCY
NOW (JONG UP SOLO STAGE)
SPY
BE HAPPY
FEEL SO GOOD
CARNIVAL
SHADY LADY (DAEHYUN SOLO STAGE)
HURRICANE
BADMAN
DANCING IN THE RAIN
BANG X2
ONE SHOT
KINGDOM
1004
WITH YOU
YOUNG, WILD & FREE (ENCORE)
EXCUSE ME (ENCORE)

~特典映像~
Making of [B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!! ]

<封入特典>
Blu-ray&DVD 初回プレス分 共通
●6THシングルとの連動イベント参加券封入
※同日発売のJAPAN 6THシングル封入“個別ハイタッチ会参加券”との組み合わせで「B.A.Pメンバー全員とのハイタッチ会」へご参加頂けます。
※バン・ヨングクの参加はございません。

■イベント情報
2016年12月9日(金) 名古屋市国際展示場 ポートメッセなごや 第2展示館
2016年12月10日(土) 大阪南港 ATCホール Cホール
2016年12月11日(日) 東京流通センター 第2展示場 Eホール

■ツアー情報
「B.A.P 2nd Japan Tour: Be. Act. Play」
2017年1月25日(水) 東京・豊洲PIT (OPEN18:00/START19:00)
2017年1月26日(木) 東京・豊洲PIT (OPEN18:00/START19:00)
2017年1月28日(土) 大阪・堂島リバーフォーラム (OPEN17:00/START18:00)
2017年1月29日(日) 大阪・堂島リバーフォーラム (OPEN15:00/START16:00)
2017年1月31日(火) 愛知・Zepp Nagoya (OPEN18:00/START19:00)

■関連サイト
B.A.P JAPAN OFFICIAL WEB SITE:http://bap-official.jp/

記者 : Kstyle編集部