TWICE、日本含む世界62ヶ国で大盛り上がり!話題の「TT」ダンスコンテストに応募殺到(動画あり)

10asia |

写真=LOENエンターテインメント
LOENエンターテインメントのK-POPニューメディアチャンネル1theKが提供しているK-POPバラエティ型コンテンツ「Let's Dance」が行ったTWICEの「TT」ダンスカバーコンテストの参加数が、単日応募では最高の1000件を越えた。

K-POPの強みと言われるパフォーマンスをすぐに見ることができる「Let's Dance」は、人気アーティストがダンスと一緒にミッションを遂行するバラエティ型コンテンツで、ユーザーが一緒にダンスを習うことができるミラーモード映像だけでなく、ファンが参加するカバーダンスコンテストを行い、視聴者から人気を得ている。また「Let's Dance」カバーダンスコンテストを通じて、ユーザーの参加を通じ1theKブランド経験を体験できる場を準備している。

今年10月29日から11月12日まで行われたコンテストには、ギリシャをはじめデンマーク、ドミニカ共和国、ラオス、リビア、アメリカ、インドネシア、パナマなど62ヶ国から1099チームが参加した。特にアジア、ヨーロッパ、南米を含みイスラム国家からも参加しK-POPとパフォーマンス、次世代グローバルスターであるTWICEへの人気を実証した。最も参加率が高かった国家は、226件の映像が掲載された韓国で、その後に続きアメリカ(131件) 、インドネシア(65件) 、日本(61件) 、フィリピン(54件) の順だ。

接戦が繰り広げられた今回のTWICE編では、参加者の多彩なコンセプト別映像と優れた完成度も観覧ポイントだ。個人部門の1位は、可愛いパフォーマンスとおませな雰囲気が際立った11才チョン・シヨン(韓国) ちゃんが占めた。終始一貫して明るい表情で、レベルのあるダンスの実力を披露したインドネシアのAnahは2位、猫のコスチュームでセクシーながらも可愛い魅力の持ち主のアメリカ出身Hana-Chinは3位に上がった。タイのDIA.Gクルー、日本MAAYAMKIDA、香港PIXELHKは団体部門でそれぞれ1、2、3位の栄光を手にした。参加者はコスチュームと表情、カメラワークまで完璧に再現し完成度の高いパフォーマンスを見せた。

LOENエンターテインメントのニューメディアマーケティングのキム・ミヨングループ長は「今後も利用者の参加型コンテンツを強化し、Kカルチャーを世界的に広めることができる拠点の役割を1theKが担当する」と話した。

1theKは、合計8個(YouTube、Facebook、Twitter、kakao、Google+、Youku(优酷) 、Weibo(微博) 、tudou(土豆) のグローバル、中国、韓国ニューメディアチャンネルで見ることができる。総累積購読者数約891万人、YouTube購読者526万人、YouTube再生回数合計46億件を記録するなど、世界中のユーザーからコンテンツパワーを認められている。

記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代