イ・ビョンホン、子ども患者のためにナレーションで才能を寄付「今後も持続的にサポートしたい」

TVREPORT |

ハリウッド映画「荒野の7人」と今年の年末に公開される「マスター」で熱演を披露しながら忙しく活動を続けている俳優イ・ビョンホンが病気を患っている子どもと、その家族のためにナレーションに参加し、才能を寄付した。

4日に公開される“緑傘子供財団”の患者サポートキャンペーン「一日」映像でイ・ビョンホンは、穏やかな声のナレーションで“病気に苦しめられているのは患者だけでなく、私たちみんな”というメッセージを伝える。

わずか60秒の今回のキャンペーン映像は「病気を患う子どもを持っている親の大多数が患っている、涙を我慢する病気」、「病気を患う子どもの兄弟の大多数が患っている、いい子症候群」というコンセプトで、患者の家族に焦点を合わせた。患者だけではなく、患者の家族たちが持っている苦痛にスポットを当てたのだ。

写真=緑傘子供財団
10月18日にナレーションのレコーディング現場を訪れたイ・ビョンホンは、病気を患う子どもたちと家族たちの話を聞きながら胸を痛めたという。イ・ビョンホンは「治療が繰り返されるほど、体と心が疲れていく子ども患者と、その家族に少しでも力になりたい。これからもより多くの機会を通じて持続的にサポートしたい」と伝えた。

イ・ビョンホンは2011年に緑傘子供財団と共にアフリカ・児童救護事業の一環として、マリの子どもたちに現地で会って白内障で視力を失った子どもたちの開眼手術を支援。太陽光施設を設置して、村と学校に電気を供給するボランティア活動を繰り広げた。

緑傘子供財団の関係者は「イ・ビョンホンさんが忙しいスケジュールの中でも子どもたちのために喜んで参加してくれた。真心が感じられる『本当の俳優』」とし「いつも良いことに先立ってくれて感謝する。これからも助けが必要な子どもたちのために、多くの活動をお願いする」と伝えた。

緑傘子供財団で家庭の月である5月から行っているキャンペン「一日」は病気を患う子どもを持っている家族たちの物語に共感した、数多くの後援者たちのおかげで5ヶ月間で328人の子どもに約15億ウォンを支援している。

今回のキャンペーン映像は、緑傘子供財団のホームページおよび地上波放送、ケーブル放送、ラジオなどで視聴できる。

記者 : キム・カヨン