CNBLUE、デビュー5周年を迎えニューアルバムをリリース!「幸せな曲がいっぱい…聴いて幸せな気持ちになってほしい」

KSTYLE |

CNBLUEがデビュー5周年記念日となる10月19日にオリジナルニューアルバム「EUPHORIA」(ユーフォリア) をリリース。

アルバムは、リード曲「Glory days」ほか、10枚目のシングル「Puzzle」、イ・ジョンヒョン作詞・作曲による「Be OK」、イ・ジョンシンの作詞・作曲による「Stay with me」など“幸福感”へと導かれるたっぷりの内容。今回、そんな彼らにインタビューを敢行。アルバム制作秘話や5周年の思い、11月より行うツアーなど様々な話を聞いた。

【プレゼント】CNBLUE直筆サイン入りチェキを各1名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

―日本デビュー5年目に作り上げた5枚目のアルバム。そのタイトル、『EUPHORIA』に込めた想いを教えてください。

ジョン・ヨンファ:あ、その説明はジョンシンが担当してるんで、ジョンシンが!

イ・ジョンシン:はい。「EUPHORIA」っていうのはイタリア語で、“幸せ”という意味なんです。メジャーデビューして5年。僕たちはこの5年間にファンのみなさんにたくさんの幸せをもらいましたけど、これからもこの幸せが続くようにという願いを込めて付けたタイトルです。ファンのみなさんへの感謝の気持ちをアルバムの収録曲に詰め込んでいます。

イ・ジョンヒョン:幸せな曲がいっぱい入っているので、聴いて幸せな気持ちになってほしいよね。

―リード曲「Glory days」もすごくポジティブな曲で、幸せな気分になれますよね。

ジョン・ヨンファ:そうでしょ? “過去から未来に至るまで、ずっと一緒に夢のような時間を過ごしたい”というメッセージを込めました。僕たちのことを支えてくださる、たくさんの方へ向けて書いた曲です。

イ・ジョンシン:聴いたらすぐに気分がアガりますよね? ツアーでも盛り上がりそう。
カン・ミンヒョク:うん、楽しみだね。

―「Glory days」のMusic Videoには、Kstyleの読者にはおなじみ、たくさんの韓国ドラマに出演している子役俳優のナム・ダルム君が出演していますね。彼の出演は、韓国曲「YOU'RE SO FINE」に続き2度目となりますが、幻想的な作品ですね。

カン・ミンヒョク:そうですね。僕たちが子どものころに見た夢の世界を表現しているんです。

イ・ジョンシン:ソロシーンは、それぞれセットが違っているんです。僕らのスタジオセットのシーンと、メンバーの子ども時代を象徴するダルム君が出ているロケのシーンとがシンクロして、夢の世界を作り出しています。

ジョン・ヨンファ:僕はいろんな色合いの中にいますが、これは夢はひとつじゃなくて、いろんな夢があるってことを表しています。そこからダルム君のシーンにつながって、悩みながら歩いている彼が夢の象徴である蝶に導かれ、森の中で冒険を繰り広げていくんです。

カン・ミンヒョク:僕がドラムをたたいているシーンでまわりにぶら下がっている球体は、水滴のイメージ。ダルム君が川で水遊びをするシーンとシンクロします。静かな雰囲気で気に入ってます。

イ・ジョンヒョン:僕はキラキラしたものに囲まれていて、ピックで空を見るシーンがあるんだけど、実際に子供の頃にやったことがあるし、昔からMusic Videoで見たことのある場面だったし、懐かしい感じがしました。

イ・ジョンシン:僕が出ているパートには、白い紐のようなものがぶら下がっているんですけど、それは木を表現していて、昔の思い出やかつての記憶を象徴しているものなんです。

―ストーリーをきいてMusic Videoを見ると、理解が深まりますね。この「Glory days」をはじめ、アルバムには10曲が収録されていますが、みなさんのお気に入りの曲を教えてください。

イ・ジョンヒョン:僕は、アルバムのオープニング曲の「Be OK」。僕って常にBe OKな人なんだけど、みんなと一緒にBe OKになりたくて作った曲。苦労するんじゃなくて、楽しくいきたいでしょ?

カン・ミンヒョク:4曲目に入っている「Face to face」です。ヨンファさんの曲だけど、歌詞も曲もユニーク。なんか、ワクワクしちゃう感じの曲だから。

ジョン・ヨンファ:6曲目の「Royal Rumble」かな。歌詞は夢について語ってるんだけど、曲を聴くと自然と身体を動かしたくなる軽快さのある曲。キャッチ―なメロディっていうのじゃなくて、余韻が残る感じっていうか。リラックスして、何かを想像しながら聴くことができる曲になったと思います。

イ・ジョンシン:8曲目の「Stay with me」です。僕の曲だから選びました(笑)。前作アルバム『colors』に初めて「Daisy」という自作曲を収録したときは、英語の歌詞だったんです。今回は5周年だし、日本のアルバムだから、日本語の曲にしたくて。良い曲ができたと思うので、聴いてもらえるとうれしいです。

―日本メジャーデビュー5周年。今、どんな気持ちですか?

イ・ジョンヒョン:長かったといえば長かったけど、短いといえば短いような……(笑)。

イ・ジョンシン:でも、CNBLUEの原点は日本でのライブ活動だよね。2009年に武者修行に来て、聴いてくれる人が誰もいないストリートライブからCNBLUEが始まった。

イ・ジョンヒョン:お金がなくて、いつもお腹が減ってたなぁ。

イ・ジョンシン:そんな僕らがメジャーデビューして、こんなにたくさんのファンの前でライブができて、アルバムを5枚も出せた。感謝の気持ちでいっぱいです。

カン・ミンヒョク:アルバムやライブだけじゃなく、この5周年を記念したさまざまなイベントも予定していますので、みなさんも参加して、一緒に楽しんでください。

―11月2日の幕張メッセイベントホールを皮切りに、11月30日の日本武道館まで、約1ヶ月に渡る『CNBLUE 5th ANNIVERSARY ARENA TOUR 2016 -Our Glory Days-』が全国で開催されます。5周年記念ですから、前ツアーで衝撃を与えたヨンファさんの「Wake up」ダンスを超えるものを期待してもいいですよね?

ジョン・ヨンファ:ベストを尽くします(笑)。何かスペシャルなものはやりたいと思っています。あ、僕のダンス限らずね(笑)。新曲とかアレンジとかステージセットとか。ファンのみなさんに喜んでもらえるものを考えてるんですけど……。とにかく、楽しみにしていてください!

―12月10日、11日には幕張メッセで恒例の『2016 FNC KINGDOM IN JAPAN - CREEPY NIGHTS-』が行われます。CNBLUEはどんなパフォーマンスを?

イ・ジョンシン:CNBLUEスタイルでバッチリ決めないと!

ジョン・ヨンファ:KINGが誰なのかってことを感じてもらえるセットリストを考えてます。必殺のセットリストを! キングダムに来てくれるのは、僕たちのファンだけじゃないから、僕達のいいところを圧縮して見せなきゃでしょ? それはそれで、悩むこともいっぱいあるんだけど、最高のライブをお見せします!

ライター:坂本ゆかり

■リリース情報
CNBLUE NEW ALBUM
「EUPHORIA」
2016年10月19日 発売

<CD収録曲>※全形態共通
01.Be OK
02.Glory days
03.Take me higher
04.Face to face
05.Puzzle
06.Royal Rumble
07.Every time
08.Stay with me
09.Slaves
10.Blessed

○初回限定盤A CD+DVD
品番:WPZL-31236/7
価格:¥3,800(本体)+税
<DVD収録内容>
・Glory days -Music Video-
・Glory days -SPECIAL FEATURE-

○初回限定盤B CD+DVD
品番:WPZL-31238/9
価格:¥3,800(本体)+税
<DVD収録内容>
「SPRING LIVE 2016~We're like a puzzle~ @NIPPON BUDOKAN」
メンバーMulti Angle映像収録!! 楽曲「Puzzle」「Take me higher」

○通常盤 CD
品番:WPCL-12444
価格:¥3,000(本体)+税

○BOICE限定盤 CD+DVD+グッズ
品番:WPZL-31240/1
価格:¥4,800(本体)+税
<DVD収録内容>
CNBLUE Japan Major Debut 5th Anniversary
OFFICIAL FAN MEETING 2016 -BoiceTATION- <SPECIAL LIVE> 6曲
・Domino
・Hide and Seek
・IRONY
・realize
・Radio
・Hold My Hand
<グッズ>
飛び出す絵本「勇者4人の大冒険~むかしむかし…~」
※FNC JAPAN ONLINE STORE限定発売商品

■ツアー情報
「CNBLUE 5th ANNIVERSARY ARENA TOUR 2016 -Our Glory Days-」
11.02(水) 【千葉】幕張メッセ イベントホール OPEN 17:30/START 18:30
11.03(木祝) 【千葉】幕張メッセ イベントホール OPEN 16:00/START 17:00
11.09(水) 【大阪】大阪城ホール OPEN 17:30/START 18:30
11.10(木) 【大阪】大阪城ホール OPEN 17:30/START 18:30
11.17(木) 【愛知】日本ガイシホール OPEN 17:30/START 18:30
11.18(金) 【愛知】日本ガイシホール OPEN 17:30/START 18:30
11.24(木) 【福岡】マリンメッセ福岡 OPEN 17:30/START 18:30
11.29(火) 【東京】日本武道館 OPEN 17:30/START 18:30
11.30(水) 【東京】日本武道館 OPEN 17:30/START 18:30

■関連サイト
・WARNER MUSIC JAPAN website

記者 : Kstyle編集部