韓国スリラー映画「殺人の告白」日本リメイクが決定!藤原竜也&伊藤英明が主演務める

OSEN |

写真=ROBOT、「殺人の告白」ポスター
2012年秋に公開され、ヒットした映画(主演:チョン・ジェヨン、パク・シフ)「殺人の告白」のリメイクバージョンが日本で制作される。

2012年11月に公開された映画「殺人の告白」は270万人の観客を動員し、興行的に成功したアクションスリラー映画で、公開当時、連続殺人犯が時効後、殺人を懺悔する自叙伝でスターになるという衝撃的な題材で注目を浴びた。今回のリメイクバージョンは「ラブレター」「踊る大捜査線」など、日本を代表するヒット作を作り出した制作会社ROBOTが企画および制作を担当し、さらに期待が高まっている。

日本社会の雰囲気と世相を反映し、脚色される今回のリメイク作には日本を代表する俳優と監督が参加し、話題になっている。韓国の原作「殺人の告白」でパク・シフが演じた殺人犯役には「デスノート」の主演としてよく知られている藤原竜也の出演が決まった。原作でチョン・ジェヨンが演じた刑事役には映画「WOODJOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常」で昨年、日本アカデミー賞男優助演賞を受賞した演技派俳優の伊藤英明が選ばれた。また、今回のリメイクは「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」などの作品で日本の映画界の新星として注目された入江悠監督がメガホンを取る。

ROBOTが韓国のSHOW BOXから版権を購入して始まった今回のリメイクは日本テレビが投資し、ワーナーブラザースが配給する。大規模な犯罪スリラージャンルがなかなか制作されない日本の映画市場では、異例なことだ。韓国で公開された当時、原作映画の緊張感と新鮮などんでん返しが制作会社ROBOTの関係者らの心を掴んだという。「殺人の告白」のリメイク作「22年目の告白―私が殺人犯です―」は今月中にクランクインし、来年夏に日本で公開される予定だ。

記者 : パク・パンソク