【REPORT】旬なアーティストが共演!初来日グループも続々と…「KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN」― 1日目

KSTYLE |

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
韓国の多様な文化を経験することができるコンベンション型フェスティバル「KCON 2016 Japan」が、4月9日、10日の2日間、幕張メッセ国際展示にて開催された。夜には両日、World No1. Chart Show「M COUNTDOWN」のライブが実施され、豪華アーティストのラインナップに絶え間ない歓声があがった。その模様をレポートする。


新人ながらも大人気のグループMONSTA X、LOVELYZの元気なステージで開幕

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
スクリーンで、これまでのKCONの歴史を紹介するVTRと、出演するアーティストの紹介VTRが流れたのに続き、トップバッターのMONSTA Xが登場。去年5月のデビューから1年も経たないうちに人気者になった彼らの初来日ステージに観客は大興奮。力強くインパクトのあるデビュー曲「無断侵入」で一気に盛り上げると、MCではヒョンウォンが「僕は、あなたたちが好き~」と指でハートをつくって愛嬌を見せたり、ウォノが「日本でこんなに多くのファンが僕たちを愛してくれて感動しました」とコメント。続く「言葉にならない」では、花道を歩き回ってファンに愛嬌を振りまいた。

ここでスペシャルMCのハン・スンヨンとユナク(超新星) が登壇。日本語が流暢な2人は、韓国語と日本語のハイブリットMCを見事にこなして、ステージをテンポよく進行させてゆく。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
2組目は、全員がピンク色の衣装をまとったLOVELYZ。バックスクリーンに映し出された桜の花びらとマッチした曲「Ah-Choo」を、愛らしさ満点のパフォーマンスで披露した。MCでイェインが「みなさん、私たちのステージはどうでしたか?」と問いかけると、大きくあがった歓声に喜んだメンバーは、隣にいるメンバーとそれぞれハイタッチ。初々しいその姿に、さらに大きな歓声があがった。


セクシーなソロステージで魅了したニコルと、N.Flyingの情熱あふれるステージ

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
3番目は、男性ダンサーをしたがえて登場したニコル。日本ソロデビュー曲「Something Special」と、2ndシングル「DON'T STOP」をニコルらしく、セクシーながらもキュートさも感じさせるパフォーマンスで魅せた。昼間はコンベンションブースでもトークステージを行うなど活躍したニコルは「いろんなステージがあって、とても大きなイベントですね。オーマイガ~~!!」とかわいらしい歓声をあげて会場を沸かせた。

ステージの合間には、スペシャルMCにソリョン(AOA) が加わり、客席に降りてのトークも。韓国でCMにひっぱりだこの人気ぶりにユナクが心境を尋ねると、ソリョンは「みなさんの関心を受けてとてもうれしい」と語るとともに、リクエストに応えてかわいらしい決めポーズも披露。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
4組目は、センターステージに組まれたバンドセットにN.Flyingが登壇し、韓国デビュー曲「ギガマッキョ」と、日本デビュー曲「Knock Knock(日本語ver.)」を含む全3曲を熱唱。
MCでは、グァンジンが「韓国にいるときからKCONのステ―ジにめちゃめちゃ期待していました」と。フンは「ここにはいろんなアーティストのファンがいますよね。僕らへの反応が小さかったら、どうしようかと心配していたんですけど、歓声が大きくて、めちゃ感動しました」とコメント。


他のアーティストのファンも虜にしたAOAとWINNER

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
5組目は、人気沸騰中のAOA。ユナ、ヘジョン、チャンミの3名によるチーム内ユニットAOA CREAMの「嫉妬します」から始まり、全員が加わっての「シンクンヘ(Heart Attack)」。ネクタイダンスの「Oh Boy(日本語ver)」など、大人気の楽曲で観客を虜にした。KCONには2年連続とあって、チョアが「去年も楽しかったけど、今年も楽しいですね」とコメント。ソリョンは、これから日本でのライブが控えていることに触れて「みなさんをわくわくさせるライブを準備しています。みなさん、大好き~」と笑顔で語った。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
6組目は、WINNWRが登場。彼らのカリスマ性をさらに際立たせる黒ずくめの衣装で「Go up(日本語ver)」を熱唱すると、会場はまるでクラブのような雰囲気になり、観客も思い思いに身体を動かす。スンユンが「ようこそいらっしゃいました。今日はK-POPの代表としてがんばりますので、よろしくお願いします」。スンフンが「今日、初めて僕らを見るかたもいると思いますが、魅力にハマちゃってください!!」とMCでも魅力をアピール。「SENTIMENTAL」では、会場の両端に作られたサブステージにメンバーが散らばり、すべての観客を一瞬で一体にするパワーを見つけた。


人気グループの実力派ジコとINFINITE ソンギュのソロステージも

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
7番目は、Block B ジコによるHIPHOPステージ。ソロデビューアルバムからのナンバー「VENI VIDI VICI」で広いステージを動き回り、クールなその姿に客席からは絶叫に近い叫び声が巻き起こる。MCでは「KCONのステージに立てて本当にうれしい。準備はいいですか~? 声が小さいよ!」と会場をさらに盛り上げると「パンパンッ パラパンパンッ」と「亀甲船」の出だしのリズムを口ずさみ「You know? Let's Go」との掛け声で「亀甲船」と「言ってよ Yes or No」のメドレーで広いステージをZicoの世界に引き込んだ。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
トリを飾るのはINFINITE ソンギュ。登場の前にINFINITEのメンバーの応援メッセージ映像が流れて盛り上がると、2ndソロアルバムから「Kontrol」と「君じゃないといけない」を披露。抜群の歌唱力と、シャーベットボイスと呼ばれる甘くとろける歌声で観客を魅了した。MCでは、堂々とカンペを取り出して爆笑を誘うと「今日はひとりなので、少し寂しいけど、がんばりますので応援してください。5月にはINFINITEのアルバムが発売されるので、また僕もINFINITEとして会いにきます」とファンとの再会を約束した。

エンディングでは、全員がステージに立ち、サブステージや花道でファンに挨拶。KCONオリジナルTシャツを投げてのプレゼントなど、最後まで大いにもりあがった。

(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved
【REPORT】この日だけのスペシャルなコラボステージも…「KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN」― 2日目

ライター:安部裕子

『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 18:00開場 / 19:00開演
会場:幕張メッセ国際展示ホール7,8ホール

【9日出演者】
AOA、INFINITE ソンギュ、LOVELYZ、MONSTA X、ニコル、N.Flying、WINNER、Block B ジコ
スペシャルMC:ハン・スンヨン、超新星 ユナク

【セットリスト】
01. 無断侵入/ MONSTER X
02. 正直に言おうか / MONSTER X
03. HERO / MONSTER X
04. Ah-Choo / LOVELYZ
05. For You / LOVELYZ
06. Hi~ / LOVELYZ
07. Something Special(日本語ver) / ニコル
08. Don't Stop / ニコル
09. ギガマッキョ / N.Flying
10. Lonely / N.Flying
11. Knock Knock(日本語ver) / N.Flying
12. 嫉妬します+シンクンヘ(Heart Attack) / AOA
13. サップン・サップン(Like A Cat) / AOA
14. Oh Boy(日本語ver) / AOA
15. Go up / WINNER
16. SENTIMENTAL / WINNER
17. Just another boy(日本語 Ver) / WINNER
18. VENI VIDI VICI / Block B ジコ
19. 亀甲船+言ってよ Yes or No / Block B ジコ
20. Kontrol / INFINITE ソンギュ
21. 君じゃないといけない / INFINITE ソンギュ

『KCON 2016 Japan』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日)
会場:幕張メッセ国際展示ホール5~8ホール

■Mnet Japan 『KCON 2016 JAPAN × M COUNTDOWN』放送情報
本放送:(字幕なし) 4月14日(木) 午後6:00~
再放送:(字幕なし) 4月16日(土) 午後6:00~
(字幕あり) 4月17日(日) 深夜11:15~、4月19日(火)午前11:00~
5/1(日)10:00~12:00、5/9(月)25:00~27:00

詳細:http://jp.mnet.com/program/main.m?program_id=1648

記者 : Kstyle編集部