元AKB 川栄李奈が出演!SUPER JUNIOR キュヒョン、5/25発売の日本初ソロシングルのMVが公開

KSTYLE |

SUPER JUNIORの中でも特に歌唱力に定評のあるキュヒョンの初の日本ソロシングル「 Celebration~君に架ける橋~ 」のミュージックビデオがGyao!で先行公開となった。

今回の新曲は、大切な人に向けて感謝の気持ちを爽やかなメロディーに乗せて表現した新しい春ソングで、SUPER JUNIOR本体としても初となる全編日本で撮影をしたミュージックビデオとなっている。

「『この人はどこまで自分を大切に思ってくれているのだろうか』」と将来に対して不安を持つ彼女。それを感じた彼氏は彼女に対して『花のオブジェ』を作りサプライズを行う。なかなか言葉では伝えられない事を行動で示す。」といったストーリーになっており、このミュージックビデオを表現するためにはキュヒョン一人だけでなく相手役の存在が必要となった。そこでアーティストの経験も持ち、新たに女優としていろいろなことに挑戦している川栄李奈が、新しく日本でソロ活動を行うキュヒョンの相手役としてとても相応しいということで共演が実現した。

今回のミュージックビデオの見どころは、全力で走る所や女性とのデートシーンなど、普段踊っているミュージックビデオのイメージが強いキュヒョンが演技をしているシーン。キュヒョン曰く最初は緊張していたが演技はうまくできた、またキュヒョンとして、初めて全てのスタッフが日本人という中での撮影で、コミュニケーションを取るのに最初は苦労したが、最後はいいチームワークで作品を完成させる事ができ、大変満足をしているそうだ。

キュヒョンは「今回の見どころはすべてが“初”ということです! 日本でのソロシングルも、日本でのミュージックビデオ撮影も、日本の女優さんとの共演も。SUPER JUNIORのメンバーの中で初めての日本ソロ活動になるので、とても緊張しましたが、一人もしっかりとやり遂げたいと思って撮影しました。SUPER JUNIORやSUPER JUNIOR-K.R.Yの時とはまた少し違うキュヒョンが表現できたらと思っています。どんなサプライズをしたら女性が喜んでくれるのだろうと思いながら撮影をしました。僕の演技にも注目してくださいね!!」とコメントを寄せている。

初共演となった川栄李奈の印象について「寒い中での撮影でしたが、全力で撮影をしてくださり心から感謝しています。本当にありがとうございました。自分にとって初めての日本での撮影で、東京の街を女性と腕を組んで歩いたり、カフェでお茶をしたり、いろいろな体験ができて本当に楽しい撮影でした」とエピソードを語った。

また、他アーティストのMVに一人で出演するのは、今回は初めてとなった川栄李奈も「今回初めてキュヒョンさんとお会いして笑顔の素敵な優しい方だなと思いました。なにより日本語を勉強されていてとても上手でビックリしました。花のモニュメントを頂くシーンは夜景とライトアップされたモニュメントがすごく素敵なので、私も初めて見て、とても感動しました。みなさんも素敵だなと思うようなシーンになっていると思いますので、是非見て頂きたいです」と感想を寄せた。

海外でのソロミニアルバム「光化門で」は、全世界音楽チャートに旋風を巻き起こしたキュヒョンの日本で初のソロ作となる今作。
「今まで韓国で僕自身もあまり歌った事のない明るいミディアムの楽曲だったので、レコーディングは難しかったですがうまくいきました。日本のファンの皆様に新しいキュヒョンの楽曲をお届けできる事を楽しみにしています。そして、この曲はファンのみなさんを思う僕の気持ちが伝わる幸せな曲だと思います。初めてのソロシングルを日本でリリースすることができてとてもうれしいです。4月からは初のソロツアーも開催されます。みなさんたくさん聴いて会場で一緒に歌いましょう!!」と初のソロシングルと初の全国ツアーへの意気込みを語った。

これからのキュヒョンの活躍にますます注目だ。

【「Celebration~君に架ける橋~ 」MV 先行配信中】
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00071/v10364/v1000000000000003209/

記者 : Kstyle編集部