CLC、日本でアルバム発売&リアリティ番組放送…“日韓で同時に活動”

MYDAILY |

写真=CUBEエンターテインメント
ガールズグループCLCが、日韓同時活動プロジェクトを開始する。

CLCは4月13日に日本でミニアルバム「High Heels」を発表をし、デビュー以来初めての日本公式活動に突入する。

今回のアルバムには、CLCの韓国でのデビュー曲「PEPE」「初恋」「気になる (Like)」をはじめ、最近のカムバックのタイトル曲でリリースした「キレイに」に至るまで、合計4曲の代表曲が日本語バージョンになって収録された。また、日本国内で大きな反響を起こしたポップスター、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue) のレトロダンス曲「I Should be so Lucky(ラッキー・ラヴ)」をCLCならではの感性でカバーする。

CLCは、韓国に続き日本での同時活動に突入することになる。日本のアイドルプロデュースシステムに足並みを揃えた現地の戦略に集中し、日本国内の韓流市場をリードする次世代アイドルの期待のホープとして旺盛な活躍を繰り広げるという覚悟だ。

また、日本のケーブルチャネルKawaiian TVを通じて、昨年韓国で放送された単独リアリティ番組「ビューティフルミッション」の放送が確定し、7日に初放送を控えている。この番組は、日本の有名アイドルの専門チャンネルで、日本の音楽ファンたちから高い好感度を受けている番組だ。この番組に韓国のアイドルが放送されるのはCLCが初めてで、約8週に渡って放送し日本の視聴者たちと会う予定だ。

CLCは4日、KBS 2TV「ミュージックバンク」を通じて韓国の活動に突入する。

記者 : チェ・ジイェ