GOT7、1st Album「モリ↑ガッテヨ」をリリース!日本全国ツアーも開催中! 「僕らの新曲をライブで聴いてください」

KSTYLE |

2016年2月3日に待望の日本1st Album「モリ↑ガッテヨ」をリリースしたGOT7。アルバムを引っさげての日本全国ツアー「GOT7 Japan Tour 2016“モリ↑ガッテヨ”」を開催中の彼らに、インタビューを実施。収録曲の聴きどころや、ツアーへの意気込みなどを語ってくれた。

【プレゼント】GOT7 直筆サイン入りチェキを7名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

―日本1st Album「モリ↑ガッテヨ」は、どんなアルバムに仕上がりましたか?

JB:一生懸命作ったアルバムなので、聴きどころが満載です。僕らの所属事務所の先輩である2PMのウヨン先輩が書き下ろしてくれたタイトル曲「Yo モリアガッテ Yo」をはじめとして、多様なスタイルの曲が収録されています。

ユギョム:今までに僕らがやったことのない雰囲気の曲が多いので、新鮮に感じられるかと。今までは「LOVE TRAIN」とか「LAUGH LAUGH LAUGH」とか、エナジーにあふれた曲が多かったのですが、今回のアルバムには、少し重厚な感じのHIPHOP、R&B系の曲も入っています。

―ウヨンさんに曲を提供してもらった気分はどうですか?

Junior:もちろん気分がいいです!

JB:僕らを想定して曲をくださるというのは、とてつもなく光栄ですし、それに応えられるよう僕らも愛着を持って、曲の良さを生かせるようにするのが道理だと思います。

ユギョム:道理って……かたいね~(笑)

JB:とにかく(笑) 僕らを考えて曲を作ってくださったのが本当にありがたいです。

Junior:曲を聴いて、すぐに気に入りました。これからどんどん上に向かっていこうという歌詞がGOT7にピッタリで、ウヨン先輩が僕らのことをよく見てくれているんだな、と感じました。

ベンベン:全員が大好きな曲なんです。

―先輩の曲だから気を遣っているのではなく?(笑)

JB:いや、もう本当に好きすぎて。最初に聴いたときは、「名探偵コナン」がひらめくときに「ピコン」って音がするじゃないですか。まさにそんな感じを受けました(笑) 振り付けができたときも「これはイケる!」って思いました。

―ライブの定番曲になりそうですね。

Junior:そうです! だから「Yo モリアガッテ Yo」を楽しんで聴くためには、僕らのライブに来ていただかないと、ってことなんです(笑)

―ヨンジェさんが人生初のラップに挑戦したのも話題ですね。どういう経緯でラップをすることになったのですか?

ヨンジェ:曲を聴いたときは、ラップばかりで歌のパートがないので、僕のパートはないのかなって思いました(笑) だから、パートをもらったときは「本当に僕のパートなの?」と疑ったんですけど、ウヨン先輩が「おまえにも一度、大きな変化が必要だ。挑戦してみろ」って。実際にやってみたら僕に合うパートをくださったのが分かりましたし、たくさん練習をしたので、レコーディングでは、よくできたとほめられました。

―ジャクソンさんは、ヨンジェさんのラップを聞いてどうでしたか?

ジャクソン:僕と役割を変えてもいいんじゃないかなって思いました(笑) そして、僕にもそろそろ変化が必要なので、ボーカルをやっていこうかなと(笑)

―アルバムの中で、お気に入りの曲を教えてください。

ユギョム:「ANGEL」です。理由は、ベースの音の感じがいいし、なんていうかフィーリング?(笑)

全員:なんだよ、それ(笑)

マーク:僕は、やっぱり「Yo モリアガッテ Yo」です。タイトルのとおり、すごく楽しい気分になれるので。

ヨンジェ:僕は「STAY」です。暖かい雰囲気がとても好きで、歌詞も僕の好きなスタイルです。特に好きな歌詞は“アルバムにもさよならを言えないまま”という、僕のパートの部分です(笑)

Junior:僕も「STAY」。理由はヨンジェと同じで、暖かい雰囲気だし、リラックスして聴ける清涼剤のような曲だからです。

JB:僕も「ANGEL」。フィーリングで(笑) もっと明確に言うと、リズミカルで、重すぎず、グルーブ感があって、気分が良くなる曲です。

ジャクソン:僕も「STAY」です。言葉にしなくても、みんなの隣には僕らがいつもいるという曲なので。

JB:歌詞のまんまを言ってるだけじゃん(笑)

全員:爆笑!!

ベンベン:僕も「ANGEL」。ちょっと重い感じの曲ですが、GOT7にはなかった雰囲気なので、新鮮です。

―1月21日には、2度目の全国ツアー「GOT7 Japan Tour 2016 "モリ↑ガッテヨ"」が札幌公演を皮切りにスタートしましたが、初日の手ごたえはいかがでしたか?

ユギョム:いやー、もうハンパなかったです。

JB:札幌の雪を全部溶かすくらいの熱気でした(笑)

ベンベン:アルバムの中の新曲を披露するたびに、ファンのみんなが集中してくれて。その反応がとてもうれしかったです。

ヨンジェ:そう、そう。初めて披露するので、心配だったのですが、反応がよくて感激しました。

―韓国の音楽番組で「If You Do」が1位を獲得したので、ファンも急増したのではないですか?

ユギョム:北海道は初めてだったので心配していたんです。でも、びっくりするぐらい、たくさんの方が見に来てくれて、歓声も大きくて驚きました。ものすごい歓声だから、すぐにハイテンションになりました。

JB:たしかに「If You Do」で結果が出せたのは大きかったです。ファンの皆さんの反応も良いし、僕らも良い評価を受けると、もっと頑張らなきゃって気持ちになります。客席の熱気も、より熱くなった気がします。

―日本のファンならではの反応もありますか?

JB:僕らと一緒に楽しんでくれるのは世界中どこの国でも一緒です!札幌公演では日本のファンのみんなも楽しんでくれているのが伝わってきてうれしかったです。

―MCでは、北海道弁も披露していましたね。

ベンベン:だべ~。めっちゃ、うれしいだべ~。

JB:めんこい。

ベンベン:めっちゃ好きやねん!

―大阪弁も勉強しているんですね(笑)

JB:“めっちゃ”は東京でもよく聞きますよね。

マーク:行く地方の言葉を話すと、ファンの方の反応もいいから、僕らも楽しく覚えています。

―MCをすべて日本語で行っていますが、大変ではないですか?

ジャクソン:難しいけど、楽しいです。

JB:ファンのみんなとの疎通には大切なことだから、僕らも熱心に覚えています。

―アルバムを聞きましたが、日本語の発音がとても自然です。

Junior:ありがとうございます!

ジャクソン:入念にチェックしながらレコーディングしています!

ユギョム:一生懸命練習をしました。

ヨンジェ:でも“つ”の発音は、本当にむずかしいです~。

―初めての札幌の印象は?

ベンベン:雪がいっぱいで、ビューティフルでした。

Junior:映画「Love Letter」で見たのと同じで感激しました。韓国人は『Love Letter』にロマンを感じる人が多くて、映画が好きな人なら、一度は北海道に行きたいって思うんです。

ユギョム:お元気ですか~!

―雪を見て「お元気ですか~」を、やりましたか?

JB:ユギョムがやったので、映画を見たのかって聞いたら、見てないって言うんですよ(笑)

ユギョム:以前、バラエティ番組でお笑いタレントのパク・ミョンスさんがギャグでやっていた動画を見て、マネしてみました(笑)

―おいしいものは食べましたか?

ベンベン:味噌ラーメンがおいしかったです!

ヨンジェ:あと、牛乳のアイスクリーム。

Junior:普通のカレーじゃない、スープのカレーも食べました。

―これから、ツアーで行く場所で楽しみにしている食べ物は?

ベンベン:お好み焼き。たこ焼き。

ヨンジェ:福岡のうなぎ。

ユギョム:それは名古屋じゃない?(笑)

マーク:ひつまぶし~

JB:大阪で有名なエッグタルトみたいな、チーズタルトだったかな? それを食べてみたいです

ヨンジェ:福岡のトンコツラーメン!

Junior:あ、僕、トンコツラーメンが本当に食べたいんです。僕らがまだ日本デビュー前に、2PM先輩のコンサートの公開リハーサルのオープニングアクトを福岡でしたんですが、その時にトンコツラーメンの屋台があって。

全員:あ、そうだ、そうだ。あれ、おいしかった。

Junior:最初は、なんの匂いだろうって思ったんですが、食べてみたらすごくおいしくて。また食べたいです。

―食べ物への期待が尽きないようですが(笑) 残りのツアーもがんばってください。最後にKstyleの読者にメッセージをお願いします。

ユギョム:みなさんは僕の「ANGEL」です。

全員:クサい~(笑)

マーク:2016年も一生懸命やります! 今、ツアー中ですけど、みなさんと一緒に盛り上がりたいので、ぜひ一度見に来てくださったらうれしいです。

ヨンジェ:Kstyleの読者のみなさん。2016年も健康で、福がたくさん来ますように。そしてライブツアーも見に来てくださったらうれしいです。愛してる。サランハムニダ。I Love You!

Junior:なんか緊張するな~(笑)

ユギョム:Juniorさんならできるよ!

Junior:では、まじめに言います。僕にはみなさんが「ANGEL」よりきれいです。みなさんの心に僕らを「STAY」させてください。そして僕らと一緒に「Yo モリアガッテ Yo」!

全員:おー!

ジャクソン:ハードルあがったね。では次、僕らのJB氏、お願いします(笑)

JB:リーダーだからね(笑) みなさん、2016年いい年にしてください~。

ジャクソン:それだけ?(笑)

JB:いい年にするのが一番じゃん。

ジャクソン:Kstyleの読者のみなさん、今どこにいますか? 本当に会いたいです。みなさんと一緒にコンビニに行ってKstyleを買いたいです!

JB:インターネットサイトだから、買えないよ(笑)

ジャクソン:えっ?……いや、今はファンのみんなの熱気がすごいから、きっとコンビニでも買えるって(笑) みなさんのエナジーは素晴らしいです。LOVE GOT7。LOVE Kstyle(笑)

ベンベン:いつも健康でお幸せに。そしてツアーを見に来てくださったらうれしいです。みなさんが笑顔になると、僕らも笑顔になります。

ユギョム:僕らのアルバム「モリ↑ガッテヨ」と全国ツアーを応援よろしくお願いします!!
 

ライター:安部裕子

■リリース情報
GOT7 日本1st Alubum「モリ↑ガッテヨ」

【初回生産限定盤A】3枚組
通常盤12曲入りCD+特典DVD2枚 (初回生産限定盤Bとは別内容)
[DVD1枚目]
01.GOT7 Showcase “1st Impact in Japan” in 両国国技館 LIVE
02.GOT7 Showcase “1st Impact in Japan” in 両国国技館 Document Movie
[DVD2枚目]
03.GOT7 1st Japan Tour 2014 “AROUND THE WORLD” Member's TV ~Director's edition~

[1]BOX仕様
[2]32P録りおろしフォト歌詞ブックレット封入
[3]トレーディングカード1枚ランダム封入(詳細未定)

【初回生産限定盤B】2枚組
16曲入りCD (通常盤12曲 + Japanese ver.4曲)+特典DVD1枚(初回生産限定盤Aとは別内容)
01.モリ↑ガッテヨ making movie
02.AROUND THE WORLD MUSIC VIDEO (Close-up ver.)
03.Girls Girls Girls -Japanese ver.- MUSIC VIDEO
04.A -Japanese ver.- MUSIC VIDEO
05.Stop stop it -Japanese ver.- MUSIC VIDEO
06.Just right -Japanese ver.- MUSIC VIDEO
[1]BOX仕様
[2]72P PHOTO BOOK
[3]トレーディングカード1枚ランダム封入(詳細未定)

通常版【初回限定仕様】
トレーディングカード1枚ランダム封入(詳細未定)
※初回仕様の在庫がなくなり次第、通常仕様に切り替わります

■ライブ情報
GOT7 Japan Tour 2016 "モリ↑ガッテヨ"

1月21日(木) Zepp Sapporo OPEN 18:00 / START 19:00
1月28日(木) Zepp Namba OPEN 18:00 / START 19:00
1月29日(金) Zepp Namba OPEN 18:00 / START 19:00
1月30日(土) Zepp Namba OPEN 17:00 / START 18:00
2月4日(木) Zepp DiverCity Tokyo OPEN 18:00 / START 19:00
2月5日(金) Zepp DiverCity Tokyo OPEN 18:00 / START 19:00
2月10日(水) Zepp Fukuoka OPEN 18:00 / START 19:00
2月12日(金) Zepp Nagoya OPEN 18:00 / START 19:00
2月13日(土) Zepp Nagoya OPEN 17:00 / START 18:00

2月27日(土) 幕張メッセイベントホール (Tour Final) OPEN 17:00 / START 18:00
2月28日(日) 幕張メッセイベントホール (Tour Final) OPEN 16:00 / START 17:00

チケット料金:
・全Zepp公演:1Fスタンディング 8,500円(税込) / 2階指定席 8,500円(税込)
※Zepp公演に関しては入場時にドリンク代500円(税込)別途必要となります
・幕張公演:全席指定 8,500円(税込)
※4歳未満のお子様のご入場は出来ません、4歳からチケットが別途必要になります
※客席を含む会場内の映像、写真が公開されることがございますので、予めご了承ください
コンサートのお問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999 (月~土 12:00~13:00 / 16:00~19:00 ※日曜・祝日を除く)

GOT7オフィシャルサイト:http://www.got7japan.com/

記者 : Kstyle編集部