KARA ハラ、騒動後初のメッセージ…直筆文で心境告白

OSEN |

KARAのハラがキーイーストと専属契約を結んだ中で、ファンに直筆の手紙を伝えた。

ハラは18日、自身のSNSに「KARAファンの皆さん、そして多くの方々に久しぶりにご挨拶申し上げます。こんにちは。ハラです」という手紙を掲載した。

続いて彼女は「しばらく前からあまりにも多くの話が急に降って心配してくださる方が多かったと思います。私としても容易ではない決定でしたが、新しい場所で再起動する気持ちでゆっくりと歩いてみようと思います」と伝えた。

ハラはまた、「KARAのメンバーの一人として生きて、私の年齢では簡単に享受することができない多くの経験をして、様々な感情を感じながら生きていて、ファンたちの愛をたっぷりと受けました」とし「KARAという名前でお互いの意見を尊重しながら一緒にした9年間の貴重な時間を心に留めて、新しい道を歩いてみようと思います」と語った。

18日午前、芸能事務所キーイーストは「ハラとの専属契約締結を確定した」と公式発表した。これに先立ち、数回の契約説がふくらんだ双方は初めて書類に印鑑を押し、関係を明確にした。

キーイーストエンタープライズ事業総括ヤン・グンファン社長は「ハラさんは歌手としての魅力だけでなく、MC、役者としての可能性も高く評価されるアーティスト」とし「多方面で無限の成長の可能性をもっている点で大きく期待している。韓国だけではなく、日本と中国など、海外活動においても専門的なマネジメントのノウハウを積極的に活用し、今後もハラさんが韓国を代表する韓流スターとして活発な活動を展開していけるよう支援を惜しまない」と伝えた。

キーイーストにはペ・ヨンジュン、ソン・ヒョンジュ、オム・ジョンファ、オム・テウン、ハン・イェスル、チョン・リョウォン、チュ・ジフン、ハン・ジヘ、キム・スヒョン、パク・ソジュンなど多くのスターたちが所属している。

記者 : チェ・ナヨン