Ryu「冬のソナタ」以来初!12年ぶり韓国ドラマテーマ曲歌唱

KSTYLE |

Ryuが歌手活動15周年を迎えるこの年、日本での韓流ブームの火付け役となったKBSドラマ「冬のソナタ」以来、12年ぶりとなる韓国ドラマへの歌手カムバックを果たした。

SBS週末ドラマ「愛人がいます」(キム・ヒョンジュ&チ・ジニ主演)のテーマ曲として流れる「歳月(セウォル)」はRyuの日本デビュー10周年記念アルバム「静かに恋をして」に収録された日本語バージョンをこのドラマの為に新たにRyuが韓国語で作詞をおこなった(日本語バージョンの作詞は松井五郎氏)。劇中歌としてもドラマをより一層盛り立てていく。

日本デビューをしてからは日本に活動の拠点を置いていたRyu。歌手活動15周年をきっかけにさらに活動を広げていくに違いない。

■リリース情報
日本デビュー10周年記念アルバム「静かに恋をして」 (発売中)
・通常盤 ¥3,240(税込) (1CD)
・初回限定盤 ¥5,980(税込) (2CD+1DVD)
*SBSドラマ「愛人がいます」テーマ曲「세월(セウォル)」の日本語バージョンを収録

■関連サイト
Ryuオフィシャルホームページ

記者 : Kstyle編集部