【対談インタビュー】VIXX エン&ホンビン。2人にとって「日本」「故郷」「恋」「VIXX」は?

KSTYLE |

7月、来日中のVIXXのエン&ホンビンがKstyleに訪問。これまで “コンセプチュアルアイドル”として、サイボーグをはじめ、ヴァンパイアや呪いの人形など、楽曲に合わせてメイクや衣装を作り込みさまざまなビジュアルで活動してきたVIXXだが、今回素顔の2人に対面した。
VIXXメンバー全員ではなく、2人での時間は珍しいということで、今回エン&ホンビンにでいくつかのテーマを元に質問。「日本」「故郷」「恋」「VIXX」をテーマに、2人が思っていること、感じたことを対談形式で聞いたインタビューをお届けする。

【プレゼント】VIXX エン&ホンビン直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート
【PHOTO】VIXX エン&ホンビン、Kstyle訪問のビハインドカット“いたずらな表情”

【テーマ1】エン×ホンビン×日本

Q.日本に初めて来た時は?

ホンビン:初めて日本に来たとき……ああ、日本語で話したいのに難しいですね。

エン:(笑) 僕は初めて日本に来たのは高校生の時。

ホンビン:あぁそうだね! その時?

エン:日本は本当にきれい! 本当に道路がきれいでした。そして……何もかもがきれいです(笑) その時、大阪のユニバーサルスタジオに行きました。でもアトラクションが本当に怖かったです。留学で来たんですが、6ヶ月くらい日本で過ごしました。僕の姉が日本にいて、今も神戸に住んでます。

ホンビン:僕は日本が初めての海外です。それで、パスポートを初めて作りました。本当にドキドキでした(笑)

―VIXXとして来た時が初めてですか?

ホンビン:はいVIXXです。所属事務所のJellyfishの公演の時でしたが、あれが最初で最後の公演ですね(笑) あの時、本当に楽しかったな……。

Q.日本の食べ物は?

ホンビン:日本の料理は、何も全部おいしいです!(笑) コンビニもおいしいです!ほんとに!

エン:僕はとんかつがおいしいです!今日もお昼にとんかつを食べました。

―韓国にもとんかつはありますよね。

エン:はい。でも、味がちょっと違います。そして昨日はドンキホーテに行きました。本当に面白かったです! 特に面白い人形があって。あとは、甥っ子のおもちゃの車を買いました。

ホンビン:僕は昨日、お好み焼きを食べました。CROSS GENEのシンくんと食べました。本当においしい!

エン:僕はGOT7のジャクソンに偶然会いました(笑) お好み焼きも韓国にあるけど、やっぱり日本とは味が違いますね。

ホンビン:今回、専門店は初めてでしたが、本当においしかったです! ひっくり返すのも最初は失敗したけど……でも2回目は成功して上手に出来ました。

エン:僕、あのひっくり返すのは上手です! 高校生の時にやりました。

Q.日本は好き?

エン&ホンビン:はい!

ホンビン:それで日本語を一生懸命勉強しました。

―日本語の勉強どうですか?

ホンビン:本当に難しいですね。僕は今日から日本語で話すようになりました。

エン:勉強すればするほど上手になります。日本のドラマで勉強しました。木村拓哉さんのドラマを全部観ました。「HERO」と「プライド」と「MR.BRAIN」と……まだあったんだけどな。とにかく、全部観ました! 木村拓哉さんが本当にかっこ良くて好きです!「ハケンの品格」も観ました。このドラマは面白かったです!

―日本のドラマはよく観るんですか?

エン:はい!日本語の勉強の為に観ます!

―ホンビンくんもドラマを観たりしますか?

ホンビン:僕はアニメを(笑)

エン:この間アニメを一緒に観ました!

ホンビン:「ワンピース」「NARUTO」「BLEACH」「ハウルの動く城」「寄生獣」を観ました。本当におもしろい!

エン:あ! 僕は小さい頃、「トトロ」を観ました。本当に「トトロ」をたくさん観ました。

ホンビン:歩こう~♪

エン:トットロ トット~ロ♪ 僕は日本にいるお姉さんが「トトロ」のビデオを持ってきて、毎日毎日「トトロ」だけ観ました(笑)

Q.日本の印象は?

エン:これまで何度か来ましたが、僕は最初と印象は変わらず、同じ印象です。本当にきれいでかっこいいです。ストリートとショッピングモールとコンビニとステージとファン皆さんと全部変わらず同じ印象です。

ホンビン:時間が経つにつれてもっともっと良くなっていますね。

Q.1週間日本で時間があったら? 2人でどこへ行く?

ホンビン:いえいえいえいえ(笑)

エン:なんで?! そんな!

ホンビン:1人ずつ! 1人ずつ!(爆笑)

エン:ディズニーシー! ショッピング! どうですか?

ホンビン:ショッピングいい!

エン:原宿ストリート。

ホンビン:1人ずつ(笑)

エン:一緒に!

―ホンビンくんが頑なに嫌がってるけど(笑) 趣味が違うとか?

エン:同じです。冗談です(笑)

ホンビン:エン兄さんがちょっとョッピングする時に時間がかかるんですよ(笑)

エン:(笑) ショッピングと表参道ストリート、お台場と。そして渋谷のデパートを調べてきました。

ホンビン:電車に乗って遠くに行きたいです。本当に温泉へ行きたい。
 

【テーマ2】エン×ホンビン×故郷

Q.ふたりの出身地は?

エン:僕の出身地は、昌原(チャンウォン) です。

ホンビン:僕は、ソウルです。

Q.どんな子供だった?

ホンビン:僕は毎日運動をしていました。バスケットボールが一番好きです。

エン:僕は、子供の頃から今まで、ダンスの練習を本当に一生懸命頑張りました。8歳くらいから。その時から僕の夢が歌手です。

ホンビン:僕がダンスを始めたのは高校生になってからでした。

―小さい頃はどんな子供と周りから言われていましたか?

エン:僕は恥ずかしいですけど、「頭がいいね~」と言われていました(笑) VIXXからではないです(笑)

ホンビン:(エンに向かって) 頭がいいですね~(笑) すごく難しいな……。本当に小さい頃はいたずらっ子だったので悪魔と言われていました。小さい頃からお姉ちゃんによく叩かれました(笑)

―エンくんは、ホンビンくんのそんな悪魔な一面を見たことありますか?

エン:悪魔はないですね。いつも優しい人です。でも時々シックな姿とクールさがあります。仕事中は特にクールで。失敗してもあまり気にしない。もっと頑張りますというスタイルです(笑)

Q.家族からVIXXについて

エン:僕の家族はホンビンさんにビジュアルが凄いですね~!と。

ホンビン:(爆笑)

エン:あと優しいね~!です。

ホンビン:エン兄さんのことを自分の家族は、自分の父親だと思って本当に言うことをよく聞きなさいと言います。

エン:感動! よく言うことを聞いてくれています(笑)

ホンビン:はい……(笑)
 

【テーマ3】エン×ホンビン×恋

Q.VIXXの切ない“すれ違う恋”の曲について

エン:そうですね、毎回曲の歌詞が非常に切ないと思うんですが、とにかくその切なさの感情を上手く表現をしようと努力をしています。そういう切ない感情が上手に表現できるのがVIXXなんじゃないかなと思っています。もちろん明るい雰囲気の曲にもそれぞれ魅力があるんですが、切ない表現をするとき、VIXXは歌や表情、パフォーマンスにおいて、それを表現するのが上手だと思います。

ホンビン:僕が思うに代表がバラードの作曲家なので、そういう悲しい曲がたくさん出てくるのではないかと思います。

―数々の“すれ違う恋”の曲を歌っていますが、主人公の恋はどう思いますか?

エン:もどかしいけれど、理解できます。僕がそういうスタイルなんです。片思いをよくしていました。

―今回の2ndシングル「Can't say」も思いをなかなか伝えられない歌詞ですよね。

エン:今はどうか分からないですけれど、自分なりに少しずつ表現して伝えてるんですけれども、相手がそれを分かってくれてない……そういう歌詞です。乙女ですよ(笑) もどかしいと思います。

ホンビン:この曲は非常に共感できます。とても悲しいと思います。本当に告白できない、という思いを僕たちがステージで表現しますが、多分主人公はそれ以上に悲しいんじゃないかと思います。そういうところで非常に共感できると思います。

―それは体験談からですか?

ホンビン:誰でも別れの経験というのはありますよね。よく考えてみると誰でもそういったことを経験しているのではないでしょうか。

Q.恋するときにオススメの曲は?

ホンビン:僕は、パク・ヒョシン先輩「雪の華」。日本の曲でヒョシン先輩がリメイクをして歌った曲なんですが、本当に聴き心地が良い曲だと思います。恋や愛についての曲なんですが、非常に切なくて。僕はこの曲を初めて聴いて、ヒョシンさんのファンになりました。

エン:僕はVIXXの曲です! 「SOMEDAY」が本当に良いです。「SOMEDAY」は、聞いて心地がいいです。「SOMEDAY」のVIXXの声が一番好きです。

ホンビン:この曲には僕の声がありません(笑) バラードなのでメインボーカルの2人とエン兄さんの3人が歌いました。ラビさんの出番も少ないです。

エン:この曲は、恋に心を痛めている時でも、恋愛中でもいつでも良いと思います。僕は辛い時でも幸せな時でも、とにかく流れにまかせるタイプなんですね。なので、この曲はいつ聞いてもいいと思います。まさに恋愛をしている時でもいいですし、恋愛が終わってしまって、悲しみに打ちひしがれてる時でも良いと思います。
 

【テーマ4】エン×ホンビン×VIXX

Q.2人にとってVIXXとは?

エン:大事な人たち。

ホンビン:兄弟!(笑) 今もずっと一緒に暮らしてますし。

―メンバー同士、本当に仲良しですよね。

エン:はい、当然です!

―今、改めてお互いに言いたいことはありますか?

ホンビン:ははは(笑)

エン:ホンビンさんに??

ホンビン:いつもそばにいるので、何でも言いたいことを言っているので今言えていないことは特にないんです。でも言うとすれば、エン兄さんは最近凄くスケジュールが忙しいんです。凄い大変だろうな、キツイだろうなと心配になります。これからも健康管理しっかりやって、もっともっとたくさん活動をしてほしいと思います

エン:ありがとう! ホンビンくんは、リーダーのエンとしてもそうですし、僕個人“チャ・ハギョン”としてもそうですが、凄くよく理解してくれるのでとてもありがたいです。

Q.出会った時のお互いの印象は?

エン:(ホンビンの) 本当にビジュアルがすごいと思いました。

ホンビン:最初に会ったときにダンスを踊ってたんです。本当にかっこいいし、カリスマ性があるなと感じていたんですが、初めて言葉を交わしたときにいい人なんだなと思いました。

―お互い褒めちぎってますね(笑)

エン:当然です!(笑)

Q.VIXXのケンカ事情

エン:当然ケンカはします。それは年上と年下のメンバーでケンカをするというよりも、年上のメンバー同士、若いメンバー同士でケンカをしたりとか。時には、年上と年下のメンバーで意見が対立することもあります。けれど、そんなに長くは対立はしません。1~2日経ったあとに、お互い会話によって解決することもあれば、話し合いとかしなくても自然と仲直りしていることもあります。

―メンバー全員とても穏やかなイメージですが、怒鳴り合ったりするんですか?

エン:それは想像にお任せします(笑)
 

【テーマ5】エン×ホンビン×ファン

Q.ファンへのメッセージ

エン:ファンのみなさん! みなさんのお陰で、僕たちは幸せだと思います。いつもありがとうございます。そしていつもそばにいてください!

ホンビン:日本語? 頑張ります! 今からも日本語を一生懸命勉強しますから、これからも……。

エン:期待してください(笑)

ホンビン:期待してください!(笑)

VIXX 2ndシングル「Can't say」2015年9月9日(水) リリース
・初回限定盤A CD+DVD(MV+メイキング) ¥1,944(税別)
・初回限定盤B CD+DVD(VIXX LIVE FANTASIA in Japan [UTOPIA] 横浜アリーナ公演より「Sad Ending」「Time Machine」) ¥1,944(税別)
・通常盤 CDのみ ¥1,111(税別)

【CD収録内容(3形態共通)】
1.Can't say
2.迎えに行こう
3.Can't say (Instrumental)
4.迎えに行こう(Instrumental)

VIXX公式サイト[realvixx.jp]:http://vixx.cjve.jp

記者 : Kstyle編集部、撮影 : 朝岡英輔