JYJ、ファン博覧会「MEMBERSHIP WEEK」成功裏に終了…超大型ファンサービスに日本ファンも感動

OSEN |

写真=C-JeSエンターテインメント
“超大型ファンサービス”「2015 JYJ MEMBERSHIP WEEK」が幕を下ろした。

C-JeSエンターテインメントは31日、報道資料を通じて「17日から30日まで計2週間に渡り釜岩洞(プアムドン)に位置したソウル美術館で行われた『2015 JYJ MEMBERSHIP WEEK』が盛況裏に終了した。計2万人以上の韓国内外のファンが美術館を訪れて写真展を観覧し、メンバーらと共にした特別なファンミーティングで大切な思い出を作った」と伝えた。

ソウル美術館で行われた今回の博覧会は「時間は…そうらしいです」というテーマのもとで1000枚ほどの写真が展示された。ここ4年間のメンバーらのライブ映像、、自ら作った作品やステージ衣装、ミュージックビデオのセットなど、良質のコンテンツでファンの心を掴んだ「JYJ MEMBERSHIP WEEK」が今年はJYJの6年間の時間を盛り込んだ写真を展示し、韓国内外のファンから大反響を呼んだ。

写真展のみならず、8月25日に韓日のファンと共にした「MEMBERSHIP WEEK」ファンミーテイングではゲームはもちろん、トークや歌を披露し、より身近にファンと触れ合い、6年という時間を共にしてきたファンとの大切な思い出を振り返る時間を設け、より一層感動を与えた。

特に今年の「JYJ MEMBERSHIP WEEK」は、写真展に展示された写真をチャリティーオークションにかけ、その収益で文化・芸術家を後援することでファンとアーティストが共に楽しむ空間からもう一歩前進し、正しい寄付文化の活性化に貢献したと評価された。

関係者は「ファンにより近くで様々な姿をお見せしようとする趣旨で毎年行われている『JYJ MEMBERSHIP WEEK』は今年は寄付活動でさらに意義深い場となった。いつの間にか4回目を迎え、“超大型ファンサービス”の新しい地平を開いた『JYJ MEMBERSHIP WEEK』を通じて引き続きファンとJYJが触れ合える場を設ける予定だ」と明かした。

今回の「JYJ MEMBERSHIP WEEK」を見るため、日本からは3000人のファンが韓国を訪れた。最近、MERS(マーズ、中東呼吸器症候群)と景気悪化などで海外からの観光客が急減したが、今回のファンミーティングを通じて3000人の日本ファンが韓国を訪れ、様々な経済効果を創り出し、観光業界も喜んだという。

中国で「JYJ MEMBERSHIP WEEK」を見るため韓国を訪れた中国人ファンのツウィさん(女性、22歳)は「JYJのヒストリーをひと目で見ることができる写真展はとても特別だった。中国ではこのようなファンサービスを見ることができないが、JYJのファンとして経験するこの全てのことに感謝するだけだ」と伝えた。日本人ファンのアヤさん(女性、25歳)は「すでに4回目を迎えた『JYJ MEMBERSHIP WEEK』に毎年参加してきた。毎年この博覧会で夏が楽しみになるが、今年は写真展として開催され、より意義深い。こうして韓国を訪れ、韓国の文化も感じて、とても良い時間だった」と感想を語った。

記者 : ソン・ミギョン