FIESTARのLinzy「YGの練習生出身…2NE1のメンバー候補だった」

TVREPORT |

写真=「bnt」
ガールズグループFIESTARのLinzyがYG ENTERTAINMENT(YG)の練習生出身だと明かした。

Linzyは最近「bnt」とグラビア撮影を行い、多彩な魅力を誇った。花の間で子犬と少女の感性を表現したり、日差しの下で笑顔を見せるなど変身を繰り返した。ピラティスでボディラインをケアしているというLinzyは、カメラの前で自信溢れるポーズをとった。

歌手になりたかったLinzyは、小学校6年生の時から9年間オーディションに挑戦した。安養(アンヤン)芸術高校に進学したLinzyはYGの練習生となった。

2NE1のデビューを控え、Linzyは現在SPICAのキム・ボヒョンらとともに2NE1のメンバー候補であった。しかし、最終的にメンバーには抜擢されず、結局LOENエンターテインメントに移籍してFIESTARのメンバーとなった。

Linzyは「私が2NE1のメンバーになったなら、もっと多くの認知度、富、名誉を手にすることができただろう。けど、私の道ではなかったと思う。むしろYGから出て、歯を食いしばって練習して、実力がすごく伸びた。とても貴重な時間であり、経験だった」と伝えた。

Linzyは辛かった練習生時代を一緒に過ごしたキム・ボヒョンとは現在も友情を保っているという。FIESTARとしてデビューしてからテレビ局で2NE1と遭遇し、先に声をかけてくれた2NE1のメンバーたちに感動したという。

Linzyは少女時代をロールモデルとして挙げ、「生まれ持っての声とは思わない。足りないものを埋めて、探っていこうという過程を通じてメインボーカルとなった。この位置が恥ずかしくならないように、もっと頑張りたい」と覚悟を示した。

記者 : キム・イェナ