ヨ・ジング、お兄さんと呼びたくなるグラビア公開…大人の男に変身

MYDAILY |

写真=「VOGUE」
写真=「VOGUE」
俳優ヨ・ジングが男らしい一面で目を引いた。

映画「西部戦線1953」で北朝鮮の下っ端兵士ヨングァン役を熱演したヨ・ジングのファッション誌「VOGUE」「ELLE」のグラビアが公開された。

抜群のビジュアルや魅力的な低音ボイスでまだ高校生であるにもかかわらず、女性ファンから“ヨ・ジング兄さん”と呼ばれるほど愛されているヨ・ジング。森の中で秋服を着た彼の真剣で成熟した眼差しから、少年ではなく大人の男性としての穏やかなオーラが感じられる。

また、ファッション雑誌「ELLE」のグラビアでは、少年ヨ・ジングの魅力をそのまま披露し、視線を釘付けにした。

写真=「ELLE」
写真=「ELLE」
まずミリタリールックを連想させる衣装で小道具の銃を持ってやんちゃな表情を見せるグラビアからは、18歳のヨングァンのように少年の魅力が感じられる。一方、モノクロのグラビアでは憂いを帯びた表情を見せ、女性ファンの庇護欲をくすぐる。

インタビューでヨ・ジングは「ヨングァンという役は僕がこれまで演じてきたキャラクターの中で一番僕に似ています。年齢も性格も近いので、僕が感じるがままに表現できました。多くの方が僕に対して真面目で礼儀正しいイメージを持っているかと思いますが、『西部戦線1953』では僕の意外な一面を見ることができます」と話し、新しい演技に対する期待を高めた。

映画「西部戦線1953」は畑仕事中に連れて来られた南の兵士とタンクについては本だけで学んだ北の兵士が戦争の運命がかかった秘密書類を巡って危険な対決を繰り広げる映画だ。映画「パイレーツ」の脚本を執筆したチョン・ソンイル監督がメガホンを取り、ソル・ギョングとヨ・ジングが共演した。9月に韓国で公開予定だ。

記者 : キム・ミリ