JYJ ユチョンがイケメンシェフに変身!ファンに愛情たっぷりの手作り料理を披露

OSEN |

写真=C-JeSエンターテインメント
JYJのユチョンがファンミーティングでシェフになった。

C-JeSエンターテインメントは31日、「30日、ソウル高麗(コリョ)大学花井(ファジョン)体育館で開かれたファンミーティング『Housewarming party : Epi 2』で、ユチョンがシェフに変身した。自分の誕生日パーティー兼ファンミーティングで番組「冷蔵庫をお願い」のシェフとしてステージに立ったユチョンは、これまで隠してきた料理の腕はもちろんサプライズ“モクバン(食べる姿)”まで披露し、ファンたちと楽しい時間を過ごした」と明らかにした。

この日の話題は断然としてユチョンが自ら作った料理をファンたちと食べるコーナーだった。白いコックコートやブルーのネッカチーフをしてユチョンがステージに立つと、ファンたちは熱狂した。

ユチョンは人気料理番組であるJTBC「冷蔵庫をお願い」のユチョンバージョンとして、その場で冷蔵庫の中の材料でイカのバター焼きである“チンオラン”と、キムチとチョンヤン唐辛子を入れ、スッキリとした味付けの手作りラーメンをホームパーティー料理として作った。さらに自ら作った料理を、抽選を通じて舞台にあがったファンたちと“モクバン”を楽しみながら、雰囲気を盛り上げた。

この日ユチョンは、近況トークで映画「海にかかる霧」の新人賞グランドスラムについて、ファンたちへの感謝の気持ちを表した。さらにファンたちが気になるキーワードに対して素直に応えるトークタイムも行った。また、カラオケで好きな曲を歌うなど、ファンたちと話し合いながら、もう一つの思い出を作っていった。

コンサートの関係者は「1年ぶりに開催する単独ファンミーティングでユチョンは、いつにもましてファンたちのためのファンミーティングを一緒に楽しめるイベントをたくさん準備した。今日のファンミーティングでは、昨日とはまた違う、ユチョンの超特急ファンサービスが続くと思う」と話した。

ユチョンは31日午後4時、2回目のファンミーティングを行う。

記者 : ソン・ミギョン