2014年韓国音楽界の頂点が決定!「GAONチャートK-POPアワード」3冠を獲得したのは…

OSEN |

SUPER JUNIORと東方神起、EXOが「第4回GAONチャートK-POPアワード」で今年の歌手賞を受賞した。SUPER JUNIORはアルバム部門で今年の歌手賞2冠に輝き、変わらない人気とパワーをアピールした。

SUPER JUNIORは28日午後、ソウル松坡(ソンパ)区芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園体操競技場で開催された「第4回GAONチャートK-POPアワード」で大賞に当たるアルバム部門の今年の歌手賞2冠を獲得した。また、Weibo K-POP賞を含め3冠を獲得した。

SUPER JUNIORは「意義深い賞だが、いい賞をもらうことができて感謝している。まだ世界中の方々が韓流、K-POPを待っている。K-POPが希望であり、多くの方々から愛されている。EXOのファンの方々に、世界中のたくさんの韓流とK-POPが好きな方々にこの賞を捧げたい」と感想を述べた。

また、イトゥクは「温室の中の雑草という表現が合っているように思う。SUPER JUNIORはこれからも、踏まれても踏まれても最後までステージに立つことのできる歌手になる。ファンに感謝している。愛しているという言葉より、申し訳ないと伝えたい」と感想を述べ、ファンや両親に感謝の挨拶を伝えた。

「GAONチャートK-POPアワード」は、本賞で大賞に当たる今年の歌手賞(音源、アルバム)の受賞を中心に行われる。アルバム部門では東方神起(第1四半期)、EXO(第2四半期)、SUPER JUNIOR(第3四半期)、SUPER JUNIOR(第4四半期)が受賞した。そのため、今年の歌手賞アルバム部門をSMエンターテインメントが独占することになった。

EXOはアルバム部門の今年の歌手賞をはじめ、ファン投票人気賞も獲得した。EXOはこれに先立ち「2014 Mnet Asian Music Awards」、SBS「歌謡大祭典」「ゴールデンディスクアワード」「High 1 ソウル歌謡大賞」に続き、5番目の大賞を受賞した。

音源とアルバム販売量を集計して受賞式が行われる今年の歌手賞は、月別に受賞者が選ばれた。1月のGirl's Day「Something」を皮切りに、2月はSISTAR ソユ×ジョンギゴ「Some」、3月は2NE1「COME BACK HOME」、4月は楽童ミュージシャン「200%」、5月はgod「みにくいアヒルの子」、6月はBIGBANGのSOL「EYES, NOSE, LIPS」、7月はSan E&AFTERSCHOOL レイナ「真夏の夜の蜂蜜」、8月はパク・ボラム「綺麗になった」、9月はSISTAR「I Swear」、10月はキム・ドンリュル「それが僕だ」、11月はMCモン「MISS ME OR DISS ME」、12月はApink「LUV」が受賞した。

SISTARは3冠を獲得した。SISTARは9月に今年の歌手賞を獲得し、ソユとジョンギゴが一緒に歌った「Some」で2月の今年の歌手賞とロングラン音楽賞を獲得した。特に、SISTARとジョンギゴの所属事務所であるSTARSHIPエンターテインメントは、今年のプロデューサー賞も受賞した。

「GAONチャートK-POPアワード」は、GAONチャートで集計したデータ(デジタル音源、アルバム販売量)をもとに、1年間もっとも人気を集めた楽曲と歌手、そしてアルバムに参加した優秀スタッフを選定し、今年の歌手賞、今年の海外音源賞、韓流特別賞、K-POP貢献賞、ニューメディアプラットフォーム賞、今年のスタイル賞、今年の歌手賞、今年の実演者賞、今年の作詞家賞、今年の作曲家賞、今年の発見、今年の新人賞、今年のプロデューサー賞などが授与される。SUPER JUNIORのイトゥクとGirl's Dayのヘリが司会を務めた。

以下は、部門別の受賞者(作)リストである。

今年の歌手賞(アルバム):東方神起(第1四半期)、EXO(第2四半期)、SUPER JUNIOR(第3四半期)、SUPER JUNIOR(第4四半期)

今年のプロデューサー賞:STARSHIPエンターテインメント キム・シデ

今年の歌手賞(音源):Girl's Day、ソユ×ジョンギゴ、2NE1、楽童ミュージシャン、god、BIGBANGのSOL、San E&レイナ、パク・ボラム、SISTAR、キム・ドンリュル、MCモン、Apink

今年の新人賞:WINNER、MAMAMOO

今年の発見:防弾少年団、EXID、Block B

今年のホットパフォーマンス賞:AOA

今年のロングラン賞:ソユ×ジョンギゴ

今年のジャンル賞:EPIK HIGH

今年の作曲家賞:キム・ドフン

今年の作詞家賞:ミン・ヨンジェ

今年の実演者賞:チャン・ヒョク(演奏)、カン・テウ(コーラス)

今年のスタイル賞(ダンス):ダンスチームDQ

今年のスタイル賞(スタイリスト):パク・ソヒョン、チェ・ジヒャン

Weibo K-POP賞:SUPER JUNIOR

ニューメディアプラットフォーム賞:KAKAO MUSIC

K-POP貢献賞:故シン・ヘチョル

ミュージック・ディストリビューション賞:ユニバーサルミュージック

ワールド韓流スター賞:KARA

ポピュラーシンガー賞:イム・チャンジョン

ファン投票人気賞:EXO

今年の海外音源賞:マルーン5(Maroon 5)

記者 : ソン・ミギョン