チョ・インソン&コン・ヒョジン主演「大丈夫、愛だ」本日(23日)放送スタート!200%楽しめる4つの観戦ポイント

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
SBS新水木ドラマ「大丈夫、愛だ」(脚本:ノ・ヒギョン、演出:キム・テギュ)の準備が終わった。

「大丈夫、愛だ」は完璧な外貌と魅力を保有したロマンチックな推理小説作家チャン・ジェヨル(チョ・インソン)とシックに見えるが実は誰よりも人間的な精神科医者チ・ヘス(コン・ヒョジン)のラブストーリーを描いたロマンチックドラマである。

「大丈夫、愛だ」の関係者は23日の初放送を控え、初放送をより面白く楽しめる4つの観戦ポイントを公開した。

◆チョ・インソン&コン・ヒョジンのラブリーな調和

韓国を代表するイケメンであるチョ・インソンと、韓国を代表するラブリーな女優コン・ヒョジン、この2人がロマンスドラマで共演するというニュースは20~40代の女性視聴者たちの心を捉えるには十分だった。

チョ・インソンが今まで演技じてきた役は重くて暗い魅力のキャラクターが多かった。シットコムを通じて青春スターとして華やかに登場したチョ・インソンは、自身の位置に満足せず多様な作品を通じて演技のスペクトルを広げるために努力した。

今回演じるチャン・ジェヨル役は、安らぎの感じられるチョ・インソンに会えるキャラクターである。実際のチョ・インソンの姿を連想させる全てを備えた魅力的なキャラクターである。

すでに公開された予告映像を通じてチョ・インソンと完璧な呼吸を見せたコン・ヒョジンに対する関心も高い。最近、彼女が出演したロマンスドラマが引き続き成功し、コン・ヒョジンという名前に対する人々の信頼が厚くなった。自身の日常を演技するようにキャラクターと自身を一致させる能力が優れたコン・ヒョジンが、ドラマで初めて演じるスマートでセクシー、そして愉快なチ・ヘスというキャラクターで“コンブリー(コン・ヒョジン+ラブリー)”ならではのラブリーな魅力をもう一度アピールすることができるのか、人々の期待が寄せられている。

◆社会的な偏見に立ち向かう

「大丈夫、愛だ」はチョ・インソンとコン・ヒョジンのイチャイチャする愛を描くロマンスドラマである。また、制作発表会でノ・ヒギョン作家が明かしたように、弱い人を傷つける社会の偏見と先入見に立ち向かうドラマでもある。

ドラマでコン・ヒョジンが演じるチ・ヘスは、精神科医者で精神科病院で働いている。彼女は病院で多様な悩みを抱えている患者に会って、生まれながらの洞察力で心深く患者を理解し、近づくことになる。

このように、毎話登場する患者たちに対する多様なエピソードは、それぞれ短いストーリーとして構成され、ドラマを一層面白くすると同時に我々が持っている偏見と先入見をなくすのに小さい種になると思われる。

また、ドラマの展開によってキャラクターごとに隠されていた話に対する推理形式がドラマを楽しむのに役に立つと思われる。

すべてを備えているように見えるチャン・ジェヨル(チョ・インソン)の裏には弟を憎悪する刑務所にいる兄チャン・ジェボム(ヤン・イクチュン)と絡み合った暗い過去がある。

チ・ヘス(コン・ヒョジン)も子供の頃の経験でトラウマを持っており、恋愛を維持するのに苦労を味わっている。このようにそれぞれ持っている問題の原因が明かされ、解決していく過程で視聴者たちは話を推理する面白さと自身の痛みを振り返ってみる契機になると予想される。

写真=GTエンターテインメント、CJ E&M
◆2014年の新しいトレンドホームシェアリング

2014年の韓国には新しいトレンドであるホームシェアリングが登場し、テレビのバラエティ番組などでも大きな関心を寄せている。「大丈夫、愛だ」でも主要人物であるチョ・インソン、コン・ヒョジン、ソン・ドンイル、イ・グァンスが同居しながら時には面白く、時にはお互いの心の傷を慰めながら温かい感動を与える予定だ。

一人で食事して生活する一人世帯が増えている現代社会では、寂しさが深刻な社会問題として浮上している。それで、単純に人々の好奇心を埋めるだけではなく、ホームシェアリングという健康的な共同体を通じてお互いのための一言、周りの人々の関心と配慮がどんなに大きな慰みになるのかを、そしてそれぞれ個性の違うホームメイトたちが疎通していく過程を通じて一緒に住む社会に対する願いを愉快なエピソードで描く予定だ。

◆ソン・ドンイル&イ・グァンス&チン・ギョン&ヤン・イクチュン、演技派俳優の完璧なラインナップ

ソン・ドンイルはドラマと映画、バラエティ番組を行き来しながら活発に活動し、高い存在感を誇示している。

また、“アジアのプリンス”というニックネームで呼ばれ、韓流俳優として浮上したイ・グァンス、2014年百想(ペクサン)芸術大賞で女優助演賞を受賞し演技力を認められチン・ギョン、そして実力派監督から事実性が感じられる演技力まで備えたヤン・イクチュンまで、4人の演技派俳優たちが「大丈夫、愛だ」で重要な役割を担当し、ウェルメイドドラマになるための完璧なラインナップを備えた。

コン・ヒョジンの初恋であり、気難しい性格の精神科医者から暗くて荒く見えるが、その中には多くの話を抱えているチョ・インソンの犯罪者の兄に至るまで、それぞれ違う個性を披露する配役を演じ、今回のドラマでも主人公たちと呼吸を合わせながら美しいハーモニーを見せることができるのか、期待が集まっている。

「大丈夫、愛だ」は韓国で23日夜10時に初放送される。

記者 : シン・ソウォン