EXO、台湾初の単独コンサート大盛況!2万人の観客が“熱狂”

OSEN |

写真提供=SMエンターテインメント
初の単独ツアーで世界各国をまわっているボーイズグループEXOが、ソウル、香港、中国の武漢、重慶、成都に続き、台湾公演も成功させ、熱い人気をもう一度証明した。

7月11日・12日、台湾の台北アリーナで行われた「EXO FROM. EXOPLANET #1 -THE LOST PLANET- in TAIPEI」は、EXOの多彩な音楽とダイナミックなパフォーマンス、華やかな舞台演出が調和した完成度の高いコンサートとなり、約2万人の観客を熱狂させた。

特に、今回のコンサートはEXOの台湾での初単独コンサートということで開催前から高い関心を集めていた。2公演のチケットが完売したのはもちろん、TVBSや中国時報、台湾連合報、自由時報、蘋果日報などの大手メディアも熱い取材競争を繰り広げ、EXOへの高い関心を実感させた。

この日、デビュー曲「MAMA」でコンサートの幕を開けたEXOは「Wolf」「Growl」「Overdose」などのヒット曲に加え、アルバム収録曲ステージやメンバーそれぞれの個性と魅力が伝わる多彩なソロステージなど31曲もの楽曲を披露し、約2時間のエネルギー溢れるステージで台湾のファンたちを魅了した。

また、観客も終始EXOの名前を連呼しながら韓国語の歌詞を完璧に歌うなど、情熱にコンサートを楽しみ、EXOのためのイベントまで準備した。「ピーターパン」のステージで11日には「WE ARE ONE」を、12日には「私たちの愛、終わりじゃないよ」と書かれた大規模なカードセクションを行い、メンバーたちを感動させたという。

EXOは18日と19日に中国・上海で「EXO FROM. EXOPLANET #1 -THE LOST PLANET- in SHANGHAI」を開催して、ツアーの勢いを続けていく予定だ。

記者 : キム・サラ