【REPORT】防弾少年団、1stファンミーティングはハプニングも笑いも満載!彼らの進撃が幕を開ける

KSTYLE |

日本デビュー・シングル「NO MORE DREAM-Japanese Ver.」のリリースを目前に控えた防弾少年団が5月31日、TOKYO DOME CITY HALLで日本初のファンミーティングとなる「防弾少年団 Japan Official Fan Meeting Vol.1」(昼夜2公演) を開催。日本デビュー・シングルに収録された全曲を披露、ファンクラブ創団式、プチ運動会など、盛りだくさんの贅沢な構成でA.R.M.Y(防弾少年団のファンのこと) を熱狂させた。ここでは、昼公演の模様をレポート!


日本デビュー曲『NO MORE DREAM-Japanese Ver.』は格好良さ満点!

イベントは「We Are Bulletproof Pt.2」から幕開け。ジミンとジョングクで演じるキャップ(帽子)・パフォーマンスも華麗にキマり、曲の終わりと同時にステージでは花火が! 序盤から繰り出される豪華な仕掛けに客席の盛り上がりは早くも絶頂となる。

そして、RAP MONSTERの「次はついに僕たちが初めてお聞かせする日本語の曲です」という曲紹介に続いて、日本デビュー曲『NO MORE DREAM-Japanese Ver.』へ突入。10代の葛藤をテーマにした世界観はオリジナルの韓国版と変わらない。それを巧みに歌っていく様は鮮やか。日本語ネイティブ・スピーカーでも歌いづらい高速のラップパートも華麗&攻撃的にキメ、リリース前にも係わらず、日本語版の掛け声で場内が一つになっていく。そしてジミンの腹筋チラ見せやこの曲最大の見せ場となる“マトリックス・ダンス”(ジミンが重力から開放され、他のメンバーの背中を駆け抜けていく) では一際高い歓声が!彼はこの歓声に応えるように雄叫びを上げた。

パフォーマンスを終え、汗を拭きながら水分を補給するメンバーたち。超満員のファンの前で日本デビュー曲を披露できたことに対し、司会者から「気持ちいいでしょう?」と聞かれると、メンバーは「イイですねぇ」(ジミン)、「アツイ、アツイ」(RAP MONSTER) と答えた。

 

まさかのハプニングにビックリのファンクラブ創団式

続いてファンクラブ創団式に移り、まずはメンバー一人ひとりが下記のように力強く宣言!
V「私、VはA.R.M.Yの皆さんのために成長し続けることを誓います」(サムアップのフィンガーサイン付き!)
J-HOPE「私、J-HOPEはA.R.M.Yの皆さんの希望に応え続けることを誓います」
SUGA「私、SUGAはA.R.M.Yの皆さんにアーティストとしての全力を捧げることを誓います」
ジミン「私、ジミンはA.R.M.Yの皆さんをこの腕で守り続けることを誓います」(と誓いながら自分の言葉に頷く)
ジン「私、ジンはA.R.M.Yの皆さんの手をずっと離さないでいることを誓います」
ジョングク「私、ジョングクはA.R.M.Yの皆さんをずっと愛し続けることを誓います」
RAP MONSTER「私、RAP MONSTER、そして防弾少年団はA.R.M.Yの皆さんのために、そしてA.R.M.Yの皆さんと共に、笑って、泣いて、戦って、防弾少年団という伝説を一緒に作り続けることを誓います」
ひとことひとことに強い想いを込めて誓った彼らに向け、今度はA.R.M.Yの番。ファンも一つになり「私たちA.R.M.Yは防弾少年団を愛し、永遠に支え続けることを誓います!」と宣言した。

そして「メインイベント」と紹介されたくす玉割りでまさかのハプニングが発生。会場のファンがくす玉に向け銃を撃つポーズをとり、一斉にバキューンと撃つと「祝ジャパンオフィシャルファンクラブ創団」という垂れ幕が……という予定だったが、ジミンが意表を突くフライング。垂れ幕が下がったままの状態でのくす玉割りという異例の展開に張本人のジミンは「本当に感動です」と泣き崩れ、他のメンバーは「ジミン、ありがとう!最高!」と励ましたのだが、こんなハプニングもA.R.M.Yにとっては楽しい思い出となるはず。

一息ついてトークタイムがスタートすると、メンバーから「こんなファンクラブにしていきたい」との抱負が!
V「活気溢れるファンクラブにしたいです」
SUGA「もっと頻繁に日韓を行き来し、たくさんの音楽を届けたいと思っています。これからもイベントにたくさん来ていただいて、愛してほしい……皆さんにはそんなファンになってもらいたいです」
ジン「ステージ上だけでなく、ステージの外でもファンの皆さんと一緒に楽しむことが出来る……そんなファンクラブにしたいです」
ジョングク「今のように僕たちを愛してくれたら、最高のファンクラブになると思います」
RAP MONSTER「もっと(心が)通じ合って、お互いがエネルギーが必要な時、(互いに) エネルギーを上げることが出来る……そんな(関係の)ファンと歌手だったら、一番最高ですね」
ジミン「僕の目標は本当に大きいです。僕たちが最高のステージをお見せし、ファンの皆さんから一生懸命応援していただいて、お互い信頼し合える、そんな最高のファンクラブを作りたいです」
さきほどの失点挽回とばかりに街頭演説調に強く述べてガッツポーズをとったジミンに対し、J-HOPEは「ジミンは面白いです」と前置きしながら、「ファンとアーティストが一つになる気持ちで皆さんとご一緒したいです」と語った。

その後、「今後、やってみたいこと」を聞かれると、ジョングクが「海の見えるステージでライブをしたい」、そしてRAP MONSTERが「皆で歌を作って、合唱したい」と答えたのに対し、Vからは「ステージでファッションショーをしたい」という面白アンサーが!すかさずSUGAとJ-HOPEが立ち上がってモデルウォークを始めたが、司会者から「それは防弾少年団とA.R.M.Yの皆でやるの?」と尋ねられると、Vは「いえいえ、僕だけ」と答え、SUGAは両手を広げ欧米風の「Oh、No」なリアクション。
RAP MONSTERは「なんだ、それ?」と突っ込み、会場は即席のショートコントで笑いの渦に。こんな場面にも彼らの言語的な反射神経、運動能力の高さが表れた。


放談トークでメンバーの素が露に

ハートウォーミングなトークタイムに続いたのはV、ジミン、ジョングク、J-HOPEによる弟チームのパフォーマンス。彼らが準備のため舞台袖に下がると、防弾ならぬ放談タイムがスタートし、残る3人が弟チームについての印象を語った。
まずはジミンから。「関心がない」(SUGA)、「関心もないし特に言うことがない、只の人」(RAP MONSTER) と手厳しい半面、「腹筋があって優しい」(ジン)というコメントも。Vは「うるさい、うるさい」(SUGA、ジン)「変な人」(RAP MONSTER) なんだとか。また、ジョングクについてRAP MONSTERが「エネルギーがありすぎ。休みの日も頑張って何かをしなきゃ、というほどエネルギッシュ」と語ると、SUGAは「でも、それが長続きしないんです」とチャカす。J-HOPEは「希望の人」(ジン)、「マイクがいらない位、うるさい」(RAP MONSTER)「エネルギッシュだからこそ、ライブ後の疲労感も凄いですって?それも彼のコンセプトです」(SUGA) など言いたい放題。でも、こんなトークにもメンバー全員の仲の良さが滲み出る。

その後、弟4人は薄いブルーのカーディガンと白のシャツ、細身のタイという爽やかファッションで登場。甘さたっぷりのR&Bチューン「Beautiful」を歌い「You are beautiful」というフレーズでは優しさいっぱいの投げキッスを添えて、館内をウットリムードに。歌い終えたら、今度は弟たちの番だ!ジミンは「僕はSUGAさんより格好いいですね!」と反撃し、楽屋にいた3人はタジタジだったかも? そしてお兄さんチームが同じファッションに着替えて合流し、全員でスウィートな「JUST ONE DAY」を歌えば、ファンはさらにウットリ。椅子を使いこなすパフォーマンスはスタイリッシュで、ジンは終盤、一人、一輪の赤いバラの花を胸に歌い、魅了した。


2ndシングル「BOY IN LUV」のアナウンスに歓喜のファン

歌に酔った後は、メンバーとファンとのお待ちかねの触れ合いタイム!ファン全員が参加するプチ運動会や、抽選で選ばれたファンが壇上に上がった“お絵かき伝言ゲーム”はA.R.M.Yにとってハッピーなひと時となった。
そしてメンバーが他のメンバーへの想いを語るビデオ上映が終わると、再び、ライブへ。濃紺のジャケットにチェンジしたメンバーはポジティブなメッセージとソリッドなサウンドが光る「JUMP」を歌い、後半に訪れる緊迫感溢れるサウンドが彼らのクールさを際立てていく。そして本編最後は韓国で今年2月に発表したミニ・アルバムのタイトル曲「BOY IN LUV」。その前にRAP MONSTERがこの曲の日本語バージョンが日本版セカンド・シングルになることを発表すると、ファンの期待はますます高まる。今回は韓国語版でのお披露目だが、ファンは名残を惜しむかのように、力強い掛け声を送り、その一体度はハンパなし。『NO MORE DREAM-Japanese Ver.』に続き、2曲連続ヒット間違いなしを確信した。

アンコールは日本デビュー・シングルのカップリング曲から。「BTS(防弾少年団のこと)、BTS」のコールに迎えられた彼らが選んだ1曲目は『進撃の防弾-Japanese Ver.-』。日本語版初披露&リリース前にも係わらず、日本語での掛け声もバッチリ、かつ、大きさはこの日マックス!!彼らの熱いパフォーマンスがファンの一体感をさらに高め、最後はファンが高らかに「進撃」と声を掛けて占めた。そしてRAP MONSTERが「皆さん、熱いですね。もっと、もっと行きましょうか~」と煽り、2曲目はファンの間で人気が高いラブリー・ソング『いいね!-Japanese Ver.-』を。エンディングには全員が右手を挙げ、親指でサムアップのサイン。それは最高の声援をくれたファンへの返礼、「皆、愛している」を代弁したものだった。

日本初披露の新曲、そして同じく初披露の日本語曲と、見どころ、聞きどころ満点だった初のファンミーティング。それはファンミのレベルを超えライブ公演とも呼べるものだったし、ファンミらしいトークや触れ合いタイムも素の彼らを発見できて楽しかった。このイベントを成功裡に終えた彼らはついに本日、日本デビューを果たす。

防弾少年団の進撃が今日、幕を開ける。

【防弾少年団 Japan Official Fan Meeting Vol.1 セットリスト】
01. We Are Bulletproof Pt.2
02. NO MORE DREAM-Japanese Ver.
0.3 (昼公演) Beautiful / (夜公演) 大人子供
04. 一日だけ
05. JUMP
06. BOY IN LUV
-Encore-
01. 進撃の防弾-Japanese Ver.-
02. いいね!-Japanese Ver.-

ライター:きむ・たく

【防弾少年団 関連記事】
【PHOTO】防弾少年団、1stファンミーティング大盛況!“ファンとひとつになった時間”
本日いよいよ日本デビュー!防弾少年団から動画メッセージが到着!サイン入りポラを1名様にプレゼント

■リリース情報
1st Single「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」
発売日:2014年6月4日(水)

●初回限定盤A[CD+DVD]PCCA-04026 / ¥1,600+(税)
[CD]M1. NO MORE DREAM-Japanese Ver.- / M2. 進撃の防弾 -Japanese Ver.-
[DVD]ジャケット写真メイキング映像収録予定
[特典]ハイタッチ参加抽選券
●初回限定盤B[CD+グッズ]PCCA-04027 / ¥1,600+(税)
[CD]M1. NO MORE DREAM -Japanese Ver.- / M2. 進撃の防弾 -Japanese Ver.-
[特典]オリジナルドッグタグ予定 / ハイタッチ参加抽選券
●通常盤[CD Only]PCCA-04028 / ¥1,200+(税)
[CD]M1. NO MORE DREAM -Japanese Ver.- / M2. 進撃の防弾 -Japanese Ver.- / M3. いいね!
[特典 ※初回生産分のみ]トレーディングカード1枚(全8種) / ハイタッチ参加抽選券

【リリースイベント&ハイタッチ会】
●東京
日時:2014年6月7日(土) 13時~
会場:ダイバーシティ東京プラザ 2Fフェスティバル広場
●大阪
・日時:2014年6月8日(日) 13時~
・会場:千里セルシー・1Fセルシー広場

<イベント内容>
リリース記念イベント&ハイタッチ会
※ハイタッチ会は当選された「ハイタッチ会参加抽選券」をお持ちの方のみ、ご参加いただけます。
※詳細はオフィシャルサイトをご確認ください

【購入者特典:応募抽選プレゼントWチャンス企画】
6月4日に発売する「NO MORE DREAM-Japanese Ver.-」に封入されているハイタッチ会参加抽選券に記載の抽選番号を、必要事項を明記いただいたハガキに添付してご応募ください。ハイタッチ会に参加できなかった方にも直筆サイン入りポスターが応募抽選で20名に当たるWチャンスとなります。
※詳細は商品に封入の「ハイタッチ参加抽選券」をご確認ください。

2nd Single「BOY IN LUV」
発売日:2014年7月16日(水)

<初回限定盤A>
【CD+DVD】 PCCA-04066/1,574円+(税)
[CD]M1 BOY IN LUV-Japanese Ver.-/M2 N.O -Japanese Ver.-
[DVD]ジャケット写真・PVメイキング映像収録予定
<初回限定盤B>
【CD+DVD】PCCA-04067/1,574円+(税)
[CD]M1 BOY IN LUV-Japanese Ver.-/M2 N.O -Japanese Ver.-
[特典]「防弾少年団 1st JAPAN SHOWCASE-NEXT STAGE-」2014.1.6@ZeppTokyoからライブ映像2曲収録予定
<通常盤>
【CD Only】 PCCA-04068/1,204円+(税)
[CD]M1 BOY IN LUV-Japanese Ver.-/M2 N.O -Japanese Ver.-/M3 JUST ONE DAY -Japanese Ver.-
[特典(※初回生産分のみ)]トレーディングカード1枚(全8種)

防弾少年団JAPAN OFFICIAL SITE:http://bts-official.jp/

記者 : Kstyle編集部、撮影 : 朝岡英輔