NU'EST アロン、DJデビュー1周年!全世界どこでも聴けるK-POP伝道師として活躍中!

KSTYLE |

写真=Pledisエンターテインメント
昨年からアリラン国際放送のラジオ番組「Music Access」のDJを始めたNU'EST(ニューイースト)のアロンが今月8日にDJデビュー1周年を迎えた。

アロンが単独DJとして活躍している「Music Access」は、全世界で同時放送されるラジオプログラムで毎日14時から16時まで放送されており、全世界の人々にK-POPを紹介する場として活用されている。

アロンは親近感のある優れた英語力で多くのリスナーを魅了している。アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれたアロンは、デビュー前までジャーナリストを夢見ていた程の完璧な英語を駆使し、その洗練された進行や英語表現力は高い評価を受け、K-POPの伝道師としてリスナーから愛されている。

特に、アロンがDJを始めてから「Music Access」の掲示板には毎日平均3000件の書き込みが投稿され、一時期掲示板のサーバーがダウンするほどアクセスが殺到したこともある。彼の所属事務所であるPledisエンターテインメントの関係者は、「毎回海外で公演をする度に感じていたが、去年のブラジルコンサートではアロンのラジオを聞いてK-POPに興味を持ち、NU'ESTとアロンのファンになったという人が非常に多かった」とし、「アロンがK-POPアイドルのメンバーであり、ラジオDJとしてK-POPを広める役割もしているからだと思う」と述べた。

韓国のNU'ESTのファンは、アロンのDJデビュー1周年を記念して寄付リレーを予定している。

「Music Access」は「アリランラジオ」アプリケーションと番組ホームページを通じてリアルタイムで聴取が可能だ。

一方、NU'ESTは先月に大阪と東京で開催されたデビュー2周年記念LIVEを成功裏に終え、上半期に韓国でのカムバックを準備中であり、夏には日本ツアーも予定している。

記者 : Kstyle編集部