Bebop、ガールズグループとは違うガールズバンドの魅力を見せる

MYDAILY |

“3人組美少女バンド、音楽業界に新しいブームを起こせられるか?”

バンドグループは、伝説と呼ばれるビートルズやレッド・ツェッペリン、メタリカなどにあえて言及せずとも十分にセクシーで魅力的だ。

その場で曲を演奏しながら強烈で歪んだディストーション・サウンドで人々の耳を魅了する。ここに魅力的な外見が加わるとなお良い。アーティストの頂点に立っているジャンルで数々の伝説を作り、今でも世界的に主流となっている音楽は、バンドの音楽が多い。

21世紀の韓国音楽業界ではアイドルブームにより片隅に追いやられているが、MBC「日曜の夜-私は歌手だ」などからもわかるように、今でも曲を演奏しながら歌を歌うバンドは、競争力のあるジャンルだ。

しかし、女性で構成されたメジャーバンドはあまり見られないのが昨今の現実である。女優として活動しているJuniが所属していたBellaMafia程度が知られている女性バンドで、韓国の音楽業界では見られないチームタイプであった。

しかし、アイドルの曲を聴いて育ったガールズグループのメンバーとしても活動できそうな綺麗な女の子たちが、意気投合して歌を歌い、エレキギターを弾き、ベースとドラムを演奏する。

“ガールズバンド”を標榜して登場した3人組新人グループBebopがその主人公だ。

しかし、アイドルの音楽を聴いて育った90年代生まれの少女たちは、なぜバンドをするようになったのか? リーダーでドラムを担当するアヨンは、バンドの魅力をその理由に挙げている。

「幼い頃からピアノを習っていて、ドラムに興味を持つようになりました。バンドをするために興味を持つようになったのではなく、音楽を聞いて興味を持つようになりました。好きなグループですか? ボン・ジョヴィです。理由ですか? 歌が良いからです……ハンサムだからという理由もあります(笑)」

よく知られているように、チームのベースとメインボーカルを担当しているジインは、人気グループGirl's Dayの元メンバーだ。グループ脱退後、何をすればいいのか分からなかった時に、現所属事務所と契約を結び、2年間必死に練習したジインは、一緒に音楽を作ることができるバンドに対する愛情を思う存分表現した。

「ガールズグループの場合、MR(伴奏音源)に合わせて振り付けをしながら歌いますよね。実は、MRという概念を知らなかったんです。でも、バンドをしながら音楽を作ることを学び、その上で歌うことができます。ステージ自体を私たちが作っていくのです。そのようなものがバンドの魅力ではないでしょうか?」

末っ子のチュウは、ギターという一つの楽器に長い時間を投資してきた。アコースティックギターはもちろん、エレキギターへの造詣も深い。インタビューのために他の二人が写真撮影をしている間にも、一人でギターの練習に集中していた。厚いレスポールタイプのギターも上手く演奏できる。また、エクストリームのヌーノ・ベッテンコートとレディオヘッドが好きだと話し、“ロックへの愛情”を表した。さらにギターを上手に演奏できる人の間で使われるStomp boxの隠語まで知っている上、マルチエフェクターまで区別することができた。

「高校1年生の時からギターを本格的に学び始めました。最初はアコースティックギターから始めて、エレキギターまで習いました。今も学んでいます。特にエレキギターはエフェクターやアンプなど、学ばなければならないことがたくさんあります。エフェクターですか? Stomp boxを集めていましたが、あまりにも高くて諦めました。マルチエフェクターで練習しています」

Bebopは、デビュー前からバスキング(路上公演)や弘大(ホンデ)での公演で実力を培ってきた。ジインはグループに入る前からHumming Urban Stereoと一緒に作業したミニアルバム「MAEM MAEM」を通じて、独特な歌声を誇っている。時代に流されないしっかりとした音楽性で勝負するというのがBebopの抱負だ。

「私の場合、ガールズグループとして活動してきました。ガールズグループとしてデビューするためにたくさんの努力をしていたのも事実です。しかし、モダンロックのジャンルへの関心もあったし、今ではスタンドマイクを立てて楽器を演奏しながら、自分の声を出せるようになって幸せです」(ジイン)

「バンドをするということに対するプライドは大きいです。バンドというのは、単にMRだけを聞いて歌っているのではなく、全体的なサウンドを聞いてステージを作るものです。今は始める段階ですが、バンドが成長して“上手だ”と言われたいです」 (アヨン)

インタビューが行われた14日、自分たちの名前が刻まれたアルバムを持って来たBebopは、単にテレビの中でしか会うことができないグループではなく、大衆の前で一緒に呼吸することができるグループになりたいと話した。

「デビュー前に、地下鉄の駅でバスキングをしました。その始まりは、合奏室に近い長漢坪(チャンハンピョン)駅でしたが、観客のほとんどが年配の方でした。そのときは、私たちの歌しか歌わなかったですが、もし、音楽番組で1位になったら、また長漢坪駅に行って、今度はトロットバージョンで私達のデビュー曲『私がメインだ』を歌いたいです」 (ジイン)

「ガールズバンド」の祖先になりたいというBebopは、2014年に初のミニアルバム「Between Calm And Passion」をリリースし、第一歩を踏み出す。セクシガールズグループの相次ぐ登場に疲れた大衆に、音楽性とスタイル、そして演奏力を備えた綺麗なバンドBebopが清涼飲料のような存在になれるのか注目される。

記者 : キム・ギョンミン、写真 : ハン・ヒョクスン