SHINee「ゴールデンディスク」で3冠王に!最多受賞で尊厳を見せる

MYDAILY |

SHINeeが「第28回ゴールデンディスクアワード」で3冠王に輝き、最多受賞の威厳を見せた。

SHINeeは16日午後ソウル東大門(トンデムン)区回基洞(フェギドン)慶煕(キョンヒ)大学にある平和の殿堂で開かれた「第28回ゴールデンディスクアワード」でCeCiアイコン賞、アルバム部門の人気賞、本賞を受賞して、3つのトロフィーを手にした。この日受賞式に参加したアーティストのうち、最も多くの賞を受賞した。

昨年、デビュー6年目にして大賞を手にしたSHINeeは、新年早々から3冠を果たし、名実共に実力派アイドルグループとしての地位を築いた。大賞は後輩グループのEXOに譲ったものの、音源とアルバムでその成果を認められ、注目を集めた。

またSHINeeはこの日準備したステージでもデビュー7年目のグループらしい姿を見せた。「Dream Girl」と「Everybody」を2曲を連続で披露したが、疲れた様子も見せずに完璧な生歌と息ピッタリのパワフルなダンスを見せたのである。この日の受賞式で一部のアイドルグループが惜しい歌唱力でネットユーザーたちから批判を受けたが、SHINeeは完璧なステージを披露して好評を博した。

SHINeeはこの日、所属事務所側の関係者やファンたちに感謝の気持ちを伝え、近いうちにカムバックすると予告した。

「第28回ゴールデンディスクアワード」第1部のMCはSHINeeのミンホ、CNBLUEのジョン・ヨンファ、BEASTのユン・ドゥジュンが務め、第2部は少女時代のテヨンとティファニー、そしてタレントのオ・サンジンが務めた。彼らは特有のトークと話術で授賞式を盛り上げた。

また少女時代、INFINITE、EXO、BEAST、CNBLUE、B1A4、SHINee、SISTAR、2NE1、4Minute、Davichi(ダビチ)、Apink、ロイ・キム、CRYON POP、イ・ボヨン、イ・ジョンソク、ユ・ヨンソク、キム・ソンギュン、ソ・イヒョン、パク・ボヨン、カン・ソラ、パク・ジュミなどが参加した。

■「第28回ゴールデンディスクアワード」授賞者リスト
・アルバム部門大賞:EXO
・デジタル音源部門大賞:PSY
・アルバム部門本賞:EXO、B1A4、f(x)、INFINITE、BEAST、SHINee、少女時代、チョー・ヨンピル
・デジタル音源部門本賞:Apink、Davichi、Ailee、4Minute、CNBLUE、SISTAR、2NE1、イ・スンチョル(RUI)
・アルバム部門新人賞:防弾少年団、ロイ・キム
・デジタル音源部門新人賞:CRAYON POP、キム・イェリム
・ヒップホップ賞:ペチギ
・「CeCi」アジアアイコン賞:SHINee、SISTAR
・アルバム部門人気賞:SHINee、BEAST
・デジタル音源部門人気賞:少女時代、ロイ・キム
・グッドワールドスター賞:CNBLUE
・執行委員特別賞:ドゥルグクファ(野菊)
・製作者賞:ホン・スンソン代表(CUBEエンターテインメント)

記者 : チョン・ウォン、写真 : クァク・ギョンフン