「パイレーツ」f(x) ソルリ“大先輩たちとの共演、初めは負担を感じた”

MYDAILY |

f(x)のソルリが映画「パイレーツ」で大先輩と共演することに対する感想を伝えた。

12日午後京畿道(キョンギド)南楊州(ナムヤンジュ)市鳥安面(チョアンミョン)にある南楊州総合撮影所で映画「パイレーツ」(監督:イ・ソクフン、制作:ハリマオピクチャーズ、配給:ロッテエンターテインメント)の撮影現場が公開された。

この日撮影現場の公開後に行われた記者懇談会にはキム・ナムギル、ソン・イェジン、イ・ギョンヨン、ユ・ヘジン、パク・チョルミン、シン・ジョングン、チョ・ダルファン、f(x) ソルリ、キム・ウォンへ、イ・イギョン、キム・ギョンシクなどが出席した。

ソルリは大先輩との共演について「初めは負担を感じた。一生懸命したかったけど、大先輩たちとの撮影だったので、とても緊張していた」と告白した。

続いて「とても緊張していたけど、先輩の方々やスタッフたちに気を遣っていただいて一生懸命撮影に臨んでいる」と付け加えた。

「パイレーツ」は映画「二つの顔の猟奇的な彼女」「ダンシング・クィーン」を通じて演出力と興行性を同時に認められたイ・ソクフン監督がメガホンを取った作品で、朝鮮の玉璽(ぎょくじ、御璽:みじ)を飲み込んだコククジラを捕まえるために海に出た山賊の頭チャン・サジョン(キム・ナムギル)が海賊団の女船長ヨウォル(ソン・イェジン)と共に航海して繰り広げられるストーリーを描く。韓国で2014年上半期に公開される予定だ。

記者 : キム・ミリ、写真 : ソン・イルソブ