【PHOTO】イ・スギョンからBEAST ユン・ドゥジュンまで「ゴハン行こうよ」制作発表会に出席

OSEN |

25日午後、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)汝矣島(ヨイド)IFCモール汝矣島CGV8館で開催されたtvNドラマ「ゴハン行こうよ♥」の制作発表会で、シム・ヒョンタク、イ・スギョン、BEAST ユン・ドゥジュン、ユン・ソヒが「ゴハン行こうよ♥」のケーキを食べている。

この席には、パク・ジュンファプロデューサーと出演者のイ・スギョン、ユン・ドゥジュン、シム・ヒョンタク、ユン・ソヒ、チョン・スヨン、チャン・ウォニョン、イ・ドヨンが参加した。

ドラマ「ゴハン行こうよ♥」は、主人公のイ・スギョン(イ・スギョン)を中心に、彼女の隣人や職場の同僚など、一人暮らしの人々のリアルな日常とロマンスを描いたドラマだ。離婚してから一人暮らしを3年間続けているイ・スギョンと、彼女の隣人ク・デヨン(ユン・ドゥジュン)、ユン・ジンイ(ユン・ソヒ)をはじめ、スギョンが通う弁護士事務所の代表キム・ハクムン(シム・ヒョンタク)まで、一人暮らしの男女が登場する。彼らを通して一人暮らしの様々な日常を描くことで、視聴者からの共感を得られると思われる。

「ゴハン行こうよ♥」では、人と人を繋ぐ媒介は食事で、一人暮らしだった人たちが一緒に料理を食べながら関係を築き、お互いのことについて知っていくことから起こるエピソードが興味深く展開される予定だ。ドラマで一人暮らしの人物として登場するイ・スギョン、ク・デヨン、キム・ヒョンタク、ユン・ジンイのリアルな“モクバン(食べるシーン)”演技が、視聴者たちの食欲を刺激し“一緒に食事をすること”の意味を伝え、一人暮らしの人たちが“共感できる”エピソードを披露する計画だ。

記者 : ミン・ギョンフン