防弾少年団を紐解くインタビュー!「日本に行くという約束を必ず守りたい」

KSTYLE |

2013年6月12日、Big Hitエンターテインメントの新人アイドルグループとしてデビューした「防弾少年団」。ラップ・歌、ダンス、ビジュアルだけでなく、作詞・作曲、プロデュースまでも自分たちで行うと聞き、“なんだか大型新人が出てきた”という印象だけふんわりとあった。しかし、実際に見た彼らのステージは、強く響くラップと音楽、そして力強いダンスパフォーマンスに目が離せなくなり、強烈な印象と確かな実力を感じた。

彼らのイベントには、デビューしてまだ3ヶ月にも関わらず、既に日本や中国から多くのファンが訪れるという。日本ではまだミュージックビデオや記事でしか見ることができない防弾少年団に時間をもらい、今回特別にインタビューを実施。彼らに直接会い、ステージ上では見れない「防弾少年団」について聞いた。

【プレゼント】防弾少年団サイン入りポラ&CDをプレゼント!応募はTwitterをフォロー&RT

―まず、日本のファンの皆さんに簡単な自己紹介をお願いします。

V(ブイ):(全て日本語で) はじめまして、僕は防弾少年団のボーカル担当のV(ブイ)です。年は19歳です。好きな食べ物はチャプチェと肉です。映画が好きで、日本の映画や漫画もいっぱい見ています。細田守監督の映画を見ました。日本には行ったことがないんですが、行ったら服をいっぱい買いたいと思っています。

ジョングク:(日本語) 僕は防弾少年団のボーカル担当のジョングクです。年は17歳です。(韓国語) 最近はヒップホップの曲を聞いています。日本語の勉強のために日本のドラマを見たりしています。

RAP MONSTER(ラップモンスター):(日本語) はじめまして、防弾少年団のリーダー、RAP MONSTER(ラップモンスター)です。年は20歳で、ラップ担当です。僕はけっこうJ-POPも好きで、宇多田ヒカルやm-flo、X-JAPANを聞いたりしています。

J-HOPE(ジェイホープ):(日本語) 僕は防弾少年団のJ-HOPE(ジェイホープ)です。年は20歳です。(韓国語) 休むことが大好きで、食べ物はお寿司が大好きです。日本の「進撃の巨人」が好きで見ています。(日本語) どうぞよろしくお願いします。

SUGA(シュガ):僕はSUGA(シュガ)です。21歳です。最近はJAY-Zの新しい曲をよく聞いています。日本語の勉強をし始めて、日本の「のだめカンタービレ」などを見ながら、勉強しています。最近よく見ているのですが、とても面白いです。

ジミン:(日本語) はじめまして、僕は防弾少年団のボーカル、ダンス、そして、魅力担当のジミンです。年は19歳です。(韓国語) J-HOPEと同じで僕も日本の漫画の「進撃の巨人」を見ています。好きな食べ物は鍋類やお肉です。(日本語) どうぞよろしくお願いします。

ジン:(日本語) はじめまして、僕は防弾少年団のジンです。22歳です。(韓国語) 宮崎駿さんの映画や作品を見るのがとても好きです。日本の食べ物もとても好きで、お寿司やラーメン、丼ぶりものとかが好きです。

―ジミンさんが“魅力担当”と言っていますが、他のメンバーに何か担当はあるんですか?

V:僕も魅力担当です(笑)

ジン:僕はビジュアル担当です。

J-HOPE:僕は力担当です。あと、お母さん役です。

SUGA:僕も魅力担当です! そして、僕はお父さんです。

RAP MONSTER:僕は破壊担当です。単純に何かを壊すという意味だけではなく、色々な意味の“破壊”です。

ジョングク:僕は末っ子なので、そのまま末っ子です。


【防弾少年弾を紐解く一問一答】メンバーの中で一番○○な人は?

ここからは「防弾少年団」について“ちょっと気になること”を質問。防弾少年団を紐解く一問一答をお届けする。

Q1.防弾少年団で、一番モテるメンバー(モテそうなメンバー) は?

RAP MONSTER:一番人気があるのは、Vかなぁ。

―Vさん、人気ですね。では、メンバーがいつも一緒にいる中で思う“この人はモテるんじゃないかな”という人はいますか?

ジミン:僕です、ジミンです(笑)

―ジミンさんが名乗りを挙げましたが、他のメンバーは異論はないですか?(笑)

他のメンバー:無理です(笑)

J-HOPE:男7人が集まっているグループなので、メンバーがこのメンバーは人気ありそうとか、モテるとか、そういう発想がそれぞれないかもしれません(笑)

Q2.防弾少年団で、一番甘えん坊のメンバーは?

メンバー全員:(口をそろえて) ジミン!

RAP MONSTER:理由は今見たとおりです(笑)

J-HOPE:ジミンは愛嬌がとてもあって、かわいい担当ですね(笑)

SUGA:ジミンの愛嬌にはもう慣れました。こういう人もいるんだなぁって(笑)

RAP MONSTER:全部認識して、認めています(笑)

―“甘えん坊”や“かわいい”と言うと、普通は末っ子の役割の気がしますが、そこはジミンさんなんですね。

SUGA:ジョングクはクールな末っ子です。

RAP MONSTER:そう、ジョングクはかわいさよりクールでシックな印象です。

Q3.防弾少年団の“お母さん”担当は?

J-HOPE:さっきの自己紹介でもありましたが、僕がお母さん担当です。

RAP MONSTER:一番上手く話をしてくれます。

SUGA:一緒に生活している中でそういう風にお母さんみたいに色んなことを世話してくれたり、気にかけてくれたりしてくれるんです。

J-HOPE:ああ、ありがとうございます(笑)

―では、“お母さん”J-HOPEさんの言うことはメンバーのみなさん、ちゃんと聞いていますか?

メンバー全員:(メンバー全員そろって) はい! 聞いています(笑)

Q4.防弾少年団で一番の自信家・ナルシストは?

RAP MONSTER:みんながみんな、自信がありますが、ナルシストっていう意味では……

J-HOPE:ジミンです。

SUGA:いつも鏡を見ています(笑)

RAP MONSTER:プリンセスジミン!

ジン:顔を洗って、いつも細かくチェックしています(笑)

Q5.防弾少年団で一番ダンスが上手なのは?

ジミン:J-HOPEです。

J-HOPE:ダンスをする時に、全体的に合わせなければならない時があるので、そういう部分で話をしたりとか、一人ひとりのダンスパートの時にもディテールの部分を練習しなくてはいけないので、そういう時に手助けをするようにしています。

Q6.防弾少年団で、一番オシャレなメンバーは?

RAP MONSTER:あ、僕です(笑) 原宿に行って、ショッピングをしてみたいといつも思っています。

SUGA:僕も好きで、ファッションにはとても関心があります。

RAP MONSTER:服が好きなのと着こなすのはまた違うこととは思いますが、好きですね(笑)

―これから海外へ行くことがあれば、空港でのファッションもチェックされる機会が増えますね。

SUGA:僕たちの“防弾少年団”と書かれた公式のパーカーなどがあるので、それを着ます。そういう服を着るグループはいないので、目立っていいと思います(笑)


日本への思い…「ファンとの日本に絶対行くという約束を守りたい」

―それでは、日本の印象はどうですか? 日本に行ったことあるメンバーはいますか?

ジン:日本に行ったことがあるのは、僕だけです。その時、都市ではなく、田舎の方に行ったんです。そこで温泉とかゴルフ場があって自然がすごく多くて、冬に行ったんですが、韓国では見れないような風景が沢山あって、その自然の中にいるとすごく楽な気持ちでヒーリングや癒やしを感じることができました。

―他のメンバーは、日本へはどんなイメージがありますか?

SUGA:日本のドラマとか映画とかを見ていて、すごくキレイでいい場所だなと思って見ていたので、早く行きたいですし、行けたらいいなと思っています。

ジミン:最近僕も映画やドラマを沢山見る機会があるんですが、日本の道を歩いてみたいなと思っています。日本の文化と韓国の文化では全然違う部分があると思うので、早く経験してみたいです。

J-HOPE:日本は何というか、特別な印象があるんですけど、例えば、洋服とかでも日本と韓国とは違う部分があったりして、色々なことにスタイルの違いがあると感じているので、早く行ってみたいなと思っています。

RAP MONSTER:親切な人が多くて、道や通りがキレイ。ファッションとか音楽がとても早くて、そして多い、そういうイメージがあります。日本の伝統文化も多く残っていると思うので、そういうところも早く行って感じたいなと思っています。

ジョングク:ドラマとかを僕も色々見ていて、とても行きたいなと思っているんですけど、食べ物がとても美味しそうで、実際に美味しいという風にも聞いているので、行ってみたいです。

V:僕も日本にはキレイな道や通りが多い印象で、日本の食べ物も好きですし、是非行ってみたいです。特に、東京とか大阪に行ってみたいですね。そして、ファッションや服が多く、特別なものがあるなという風に思っています。変わったものがあるイメージがあるので、日本に行けたら、実際に自分でオリジナル性のあるものを見つけたいなと思っています。

―それでは、日本で行ってみたいところや街はありますか?

RAP MONSTER:やっぱり原宿ですね。

J-HOPE:とにかく、東京に行ってみたいです!

SUGA:僕も原宿に行ってみたいです。ファッションの発信地を見てみたいというのがあります。あと、東京の繁華街も見てみたいですね。温泉にも行ってみたいです。

RAP MONSTER:富士山も見てみたいです!

V:アニメや漫画で見たんですが、日本ではカッパが有名ですよね。伝説のカッパを見てみたいです(笑)

―では、日本の音楽は聞きますか? さっきRAP MONSTERさんが宇多田ヒカルやm-floを聞いていると話してくれましたが、他にはどのようなアーティストを聞きますか?

SUGA:ラップをやっているのもあって、ラップミュージックをよく聞くんですが、AK-69の音楽が好きです。m-floも好きで聞いています。あとは、ニューエイジのジャンルの中で倉本 裕基さんの曲が好きで最近本当によく聞いています。

ジミン:僕は、YUIを前に好きでよく聞いていました。

―日本のものも含め、色々な音楽を聞いているんですね。

ジミン:はい、R&Bも聞きます。

RAP MONSTER:最初からメンバー全員がヒップホップを好きだったというわけではないですが、みんな関心があってヒップホップも聞いていました。ただ、防弾少年団としてヒップホップグループを目指す中で、意識が高まってさらに聞くようになった部分もあると思います。

SUGA:初めからヒップホップを好きだったメンバーもいますし、活動する中で好きになったメンバーもいると思います。みんな音楽が好きで、メンバーそれぞれ、ヒップホップの他にもK-POPや色々な音楽を聞いていました。その中でも、ヒップホップへの関心がベースとしてあって、今ではどんどん好きになっていっていると思います。

―日本にも既にファンがいますが、どんな気持ちですか?

SUGA:日本の方も来てくださったりしているので、本当に有り難いと思っています。日本に行くという約束もしたので、僕たちも是非日本に行きたいと思っているんですが、本当にとても光栄なことだと思っています。

―イベントなどに、日本からも沢山ファンの方が来ていますか?

SUGA:はい、最初に聞いた時はすごいビックリしました。とても嬉しいことです。

―それでは、最後にKstyleを見ている日本のファンのみなさんに一言お願いします。

RAP MONSTER:韓国でのイベントにも日本の方々が本当に沢山来て下さっているので、本当に有り難いですし、僕たちも日本にも絶対行くと約束をしたので、絶対行きたいと思っています。行くことができたら本当に一生懸命に頑張りたいと思います。新人なので、一生懸命頑張る姿をお見せすることしかできないかもしれないですし、「頑張ります」としか今は言えないですが、どんなことがあっても最高の姿を見せられるようにしたいと思っています。日本語の勉強も頑張ります!待っていて下さい。

「防弾少年団」関連ニュース一覧はこちら

記者 : Kstyle編集部