「火の女神ジョンイ」ムン・グニョン、負傷から回復しキム・ボムと撮影

OSEN |

撮影中に負傷したMBC月火ドラマ「火の女神ジョンイ」 (脚本:クォン・スンギュ、イ・ソユン、演出:パク・ソンス、チョン・デユン)の主人公ムン・グニョンが、相手役であるキム・ボムと一緒に撮影に臨んでいる姿が捉えられた。

「火の女神ジョンイ」側は29日、負傷から回復している様子でキム・ボムと一緒に山の中で撮影をしているムン・グニョンの姿が写った写真を公開した。

写真の中でムン・グニョンはじっと何かを考えている表情でキム・ボムを見上げており、キム・ボムも真面目な顔でムン・グニョンを見つめている。現在ドラマの中でチョンイ(ムン・グニョン)とテド(キム・ボム)は、一緒にチョンイの両親を殺したイ・ガンチョン(チョン・グァンリョル)に復讐心を抱いている。深刻な雰囲気を漂わせ、山の中で互いを見つめ合っている2人の姿が好奇心を高めている。

明日(30日)韓国で放送される「火の女神ジョンイ」第25話では、イ・ユクド(パク・コニョン)に屈辱を受けた後、イ・ガンチョンの黒い腹を知らせるために奮闘するチョンイの姿や彼女の復讐のために秘密裏に決定的な武器を与えるテドの姿が描かれる予定だ。

ムン・グニョンは18日、撮影中に目を負傷し、それによって「火の女神ジョンイ」の撮影も中断していた。23日と24日には放送休止となったが、ムン・グニョンは25日撮影現場に復帰し、それによって30日は平常どおり放送される予定だ。

記者 : チョン・ユジン