KARAの新曲「淑女になれない」…傷ついた女の“キツい恨み晴らし”

OSEN |

ものすごく傷ついた女性のキツい恨み晴らしだ。

KARAが本日(2日)正午にリリースした4thフルアルバム「Full Bloom」のタイトル曲「淑女になれない(Damaged Lady)」は、別れの傷できつくて悪いことばかり言う女になってしまった、悲しいラブストーリーが盛り込まれた。

同曲は、別れを経験した女性の気持ちを正直に描いたストレートな歌詞を特徴としている。「私はこんなに辛いのにあんたたちは何がいいんだ」「みすぼらしくて死にそう」「私がかわいそう、私が悲しい、別れまであなたに振り回される」という歌詞が印象的だ。特に、「行く途中でバタンと倒れたらいい」という部分は、別れを告げられても未練が捨てられない女性の恨みが入った注文であった。

淡泊なボーカルで始まったメロディーは、リフレインに入ってから強烈なロックサウンドに変わった。エレクトロニックギターの旋律と共に、強いビートがスピーディに展開され、緊張感を高めた。より一層成熟したKARAのボーカルも、雰囲気をより盛り上げた。

MVではキツイ女になる前と後のKARAの姿が面白く表現された。レトロなドレスで究極の女性美を表現したKARAは別れを告げられた後、男装をすることで極端な心境の変化を表現した。

また、指輪を外すダンスで関係の断絶を感覚的に表現し、マニッシュなスーツのパンツと赤い口紅で魅了した。おかっぱ頭のヘアスタイルで、男性的なイメージに仕上げたメンバーの姿も印象的だ。

今回のアルバムはKARAが2011年にリリースした3rdフルアルバム「STEP」以来約2年ぶりに披露するフルアルバムであり、「淑女になれない(Damaged Lady)」の他に先行公開曲「Runaway」「1+1」「In The Game」「Follow Me」「Smoothie」「2Night」などが収録されている。

記者 : イム・ヨンジン