【REPORT】大盛況!「花ざかりの君たちへ」イベントにミンホ、ソルリ、イ・ヒョヌ登場!オンユの熱唱に大盛り上がり

KSTYLE |

日本でも強い人気を誇るSHINeeのミンホ、ガールズグループf(x)のソルリ、人気俳優イ・ヒョヌ、その他豪華イケメンキャストで送るドラマ、「花ざかりの君たちへ」のDVDボックスが7月17日に発売された。
そのDVD BOX I&IIの発売を記念して、8月11日(日)、購入者限定のプレミアイベント“花ざかりの君たちへ Premium Event 2013”を開催。メインキャストのミンホ(SHINee)、ソルリ(f(x))、イ・ヒョヌが登壇した。今作の挿入歌、「In your eyes」で参加したオンユ(SHINee)もスペシャルゲストとして駆けつけ、日本初歌唱、このイベントでしか聴けない、一夜限りのスペシャルライブも行われた。

登壇メンバーの一挙一動に、観客からは大歓声が沸き起こり、メンバーも堪能な日本語でそれに反応、大変な盛り上がりを見せた。また、抽選で選ばれた参加者をバックステージにご招待し、出演者と記念撮影、豪華直筆サイン入りグッズのプレゼント大会、トークショー、ゲーム対決など、このイベントでしか見れない内容が目白押しのイベントとなった。

オープニングは、ミンホ、ソルリ、ヒョヌ、客席中央ドアから登場。客席からは割れんばかりの大歓声が溢れた。舞台に上がると、それぞれが挨拶・近況報告をファンに伝えた。
ミンホ:アンニョンハセヨ。こんにちは、ミンホです。みなさんにとって、ステキな1日になりますように(日本語) 現在は、SHINeeとして日本でアリーナツアー中です。ツアーでも皆さんにお会いしていますが、今日は皆さんに会うために来ました。よろしくお願い致します。

ソルリ:アンニョンハセヨ。こんにちは、私はソルリです(日本語) 近況は、f(x)として、日々頑張って練習に励んでいます。今日はよろしくお願い致します。

イ・ヒョヌ:アニョハセヨ。こんにちは、イ・ヒョヌです。皆さんに会えて嬉しいです。愛してるよ(日本語) 近況、最近映画の公開を終えたばかりです。他の映画の撮影もありましたが、合間を縫って、つい最近友達と一緒に日本に遊びにきました。楽しかったです。


撮影秘話、暴露話満載!?「スペシャル三角関係トーク」

―初顔合わせの印象は?

ミンホ:ソルリの第一印象は、事務所の後輩なのでもちろん知っていましたが、撮影を通して特別に親しくなったと思います。ヒョヌとは撮影で初めて会ったのですが、今回共演して本当に良い弟、後輩ができたと思っています。同世代で気楽な雰囲気があったので無理なく撮影できました。

ソルリ:ミンホの第一印象は、同じ事務所の先輩なのでお互い知り合いでしたが、今回ドラマで共演できると聞いて嬉しかったです。気楽に共演できましたし、とても安心して仕事ができて良かったです。イ・ヒョヌの第一印象は、今回ドラマの中でも仲が良い役だったので、撮影中仲良くなろうと頑張りました。私は人見知りだったのですが、いきなり「ウンギョル」とタメ口で呼んだりして、ヒョヌは戸惑ったのではないかと思います(笑)

イ・ヒョヌ:2人とはドラマを通じで初めて会ったのですが、SHINeeやf(x)の音楽は聴いていてファンでもあったので今回ドラマで共演して仲良くなるきっかけができて嬉しく思いました。

―作品を振り返って、今回、この作品に参加したことで、変わったことなどありますか?

ミンホ:今回、長いスパンの撮影は初めてでした。同世代のメンバーとの撮影も初めてで楽しかったです。運動選手役も初めてだったので、演技の幅が広がり良い経験ができました。

ソルリ:3ヶ月間、男性に囲まれて生活していたのですが、なかなかない環境で男性の生活を垣間見ることできました。(ミンホとヒョヌに対して) 全部私は知っているわよ(笑)

イ・ヒョヌ:演じたウンギョルは明るくて性格が良いキャラクターなのですが、僕自身、影響されて演技の幅も広がりました。本当に良い経験ができたと思っています。

―演じたキャラクターとご自身を比べて、似ている所、似ていない所を教えてください。

ミンホ:今回演じたテジュンは一つのことにのめり込むタイプ。とても情熱的なのですが、そこは似ていると思います。反面テジュンは礼儀がないところがあり、そこは似ていないと思います。

(ソルリとヒョヌは「そうかな?」という表情を見せ会場を笑わせた)

ソルリ:性格が明るくてよく笑うところが似ていると思います。でも女の子なのに男子校に潜り込むような無謀なことをする所は似ていないですね。そして、計画的だったり細かい、緻密なところはないので似ていないです。

(ミンホがうなづきながら「マヌケなところがあるよね」とコメント)

イ・ヒョヌ:いたずら好きで活発で明るい所は似ていると思います。ドラマでは男性としてのジェヒを好きになる役柄ですが、ボクは女性が好きなので、そこは似ていないです(笑)

(ミンホが「ボクのこと好きだって言ってたよね?」と笑いながらコメント)

―撮影ではずっと男の子の格好をしていましたが、体型が男の子みたいになったりしませんでしたか?

ソルリ:実は気楽で良かったんです。普段f(x)で活動している時は身体にフィットする衣装が多いので、食べ物にも気を遣っていました。このドラマの撮影の時は、衣装も大きめの物が多くて、ご飯もいつもより食べて撮影していていて実は少し太りました(笑)


ここの演技を見て欲しい!『本人が選ぶMyベストシーン』

●ミンホ:5話「学校を去ろうとするジェヒを引き止めるシーン」をセレクト

ミンホ:ジェヒが女の子だということを実は知っている状況でのシーンなのですが、表向きは冷たい態度をいつもとっているテジュンが初めて感情を表に出す、とても好きなシーンです。

ソルリ:このシーンのセリフ「行くな、ク・ジェヒ」を撮影後も、いつも私にふざけて言ってきて。いつも私は「嫌だ、帰る」と言っていたんですよ(笑)

●ソルリ(f(x)):1話「テジュンと初めて出会うシーン」をセレクト

ソルリ:初めてテジュンと会うシーンだったので、とても緊張しました。それに階段から落ちるシーンでワイヤーをつけて撮影したのですが、とても大変でしたし、本当に怖かったです。パンツを落とすシーンもコミカルで皆さんに楽しんでもらえると思います。

●イ・ヒョヌ:9話「ジェヒに全力で告白するシーン(妄想)」をセレクト

イ・ヒョヌ:(とても照れている表情のヒョヌ) ウンギョルのジェヒへの気持ちを妄想で表現したものです。ウンギョルのコミカルなシーンを楽しんで観ていただけたらと思います。

ときめいたシーン 『Myキュンキュンシーン』

●ミンホ:2話「酔ってジェヒにキスするシーン」をセレクト

ミンホ:テジュンはアルコールが入ると、変な行動をとってしまう役柄。実際はボクはそうじゃないですよ(笑) 劇中では、キスの相手は男性、女性関わらず酔っ払ってよく分からない状況でありつつもジェヒにに惹かれている部分もがあったシーンです。とっても照れくさいですね(笑)

●ソルリ:14話「デート帰り、テジュンにキスされるシーン」をセレクト

ソルリ:(とても照れながら) サンチュ(犬) の視線がとてもカワイイのも注目です(笑) このシーンは寒い日の撮影で、とても大変だったこともあって思い出深いです。この時のジェヒは胸がキュンキュンしているシーンだったと思います。

●イ・ヒョヌ:7話「洗濯場でジェヒをバックハグするシーン」をセレクト

イ・ヒョヌ:本当に照れくさいです(笑) ボクも恥ずかしいけど、皆さんもこのシーンを観てキュンキュンしませんでしたか? このシーンは初めてジェヒに素直な気持ちを表現するシーン。音楽もステキで本当に気に入っているシーンです。

イ・ヒョヌのバックハグのシーンに盛り上がり、イ・ヒョヌがミンホにバッグハグし、会場内から大歓声が起きた。


ゲーム対決『イケメンNo.1は誰だ?ガチンコゲーム対決』

続いて行われたゲーム対決コーナーでは、ゲームを前に、オンユが登場、ファンに挨拶をし、イケメン対決ゲームに参加した。

オンユ:こんにちはオンユです。皆さんに会えてドキドキです。(日本語で)ありがとう。
ゲーム対決は、「美術」「物理」「体育」と題し、デッサン対決、風船膨らまし対決、玉入れ競争が行われ、デッサンでは、会場の中から抽選で選ばれた4人が絵のモデルとして登壇。その似顔絵デッサンが誰がうまいか? を競った。4名がそれぞれ描くデッサンは個性豊かな仕上がりを見せた。

3つのゲームを経て、結果は優勝イ・ヒョヌ、2位オンユ、3位ミンホ、4位ソルリに決定。最下位のソルリには罰ゲームとして、特製スポーツドリンク(特性青汁)が登場したが、ソルリは「これはスポーツする時に役立つ飲物なので、(ドラマで高飛びの選手役を演じた)ミンホさんにぴったりだと思います」とコメントし、ミンホが飲むはめに。優勝者のイ・ヒョヌには日付入りのミニトロフィーが授与された。

イ・ヒョヌ:このミニトロフィーは後ほど、抽選で会場の方へプレゼントしてください。
ミンホ:この飲物のおかげで明日から元気になれそうです。オス!

続けて、待望のステージ。本作の挿入歌を歌ったオンユが「In Your Eyes」をスペシャル・ライブ・ステージとして披露した。

―「In Your Eyes」という歌はどういう曲なんですか?

オンユ:(しばらく考えて) 心が温かくなる歌です。

―(歌唱後) ファンの皆さんの前で歌ってみて、いかがでしたか?

オンユ:今回キャストの皆さんとこのイベントでご一緒できて光栄に思います。皆さんとはこのドラマのサントラで出会ったわけですが、初めて歌う曲でもあったのでプレッシャーでもありました。この曲は、ある意味初めてのソロ曲でもあります。ですので、この曲を歌うと胸がいっぱいになって、涙がこみ上げてきます。皆さんがくれた応援を思い出しながら歌いました。ありがとうございました。

再び、ミンホ、ソルリ、イ・ヒョヌが登場し、韓国撮影台本など超貴重「直筆サイン入りグッズプレゼント大抽選会」が行われ、会場は大盛り上がりのままエンディングを迎えた。

ミンホ:今日は来てくれてありがとうございます、本当に会えて嬉しいです。また会いましょう。(日本語)

ソルリ:応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました。愛してる!

イ・ヒョヌ:本当に楽しかったです、また会いましょう。ありがとうございました。愛しているよ!

ミンホ&ソルリ&ヒョヌ:愛しているよ!

【イベント概要】「花ざかりの君たちへ」 Premium Event 2013
日時:2013年8月11日(日)18:30~20:00
場所:渋谷公会堂
出演者:
ミンホ(SHINee) :カン・テジュン役
ソルリ(f(x)) :ク・ジェヒ役
イ・ヒョヌ :チャ・ウンギョル役
オンユ(SHINee) :挿入歌『In your eyes』担当
来場者人数:約1,000人

「花ざかりの君たちへ」関連情報
●「花ざかりの君たちへ」 DVD BOX I & II 好評発売中!
¥16,800(税込) / 各5枚組DVD BOX / 3方背BOX仕様
●「メイキング・オブ・花ざかりの君たちへ」11月20日発売!
●「花ざかりの君たちへ」DVD 好評レンタル中!
●「花ざかりの君たちへ」TV放送
WOWOWプライム 毎週水曜夜21:45~放送中!

「花ざかりの君たちへ」DVD公式サイト:http://www.hanakimi.jp/
公式Twitterアカウント:https://Twitter.com/hanakimi_dvd

発売元/販売元:エイベックス・マーケティング
(C)SBS Original Manga 「花ざかりの君たちへ 」 (C)HISAYA NAKAJO / HAKUSENSHA, INC.

記者 : Kstyle編集部