「芸・体・能」東方神起 チャンミン&イ・ジョンス、テーピングだらけの脚を公開“ついに一勝か?”

TVREPORT |

写真=KBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能」スクリーンショット
東方神起のチャンミンと俳優イ・ジョンスペアのテーピングだらけの脚が話題になっている。16日に韓国で放送されたKBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~芸体能」(以下「ホドン&チャンミンの芸・体・能」) 第15回では、バドミントンの初ゲームが繰り広げられる。ここ1週間、決して容易ではない基本技練習をしてきた芸・体・能チームは中谷洞(チュンゴクドン)チームと驚きの対決を繰り広げる。

収録では、先週のバドミントンの練習で“ホダン(しっかりしているように見えるが、抜けている人)ペア”と位置づけれられたチャンミンとイ・ジョンスペアが180度変わった姿で登場し、現場のすべての人々を驚かせた。テーピングをした傷だらけの脚を公開し、これまでしてきた練習の激しさを推測させた。

イ・スグンがこの二人に対して「ここ1週間、ソウル市内のすべてのバドミントンコートを訪ねたと思う。芸・体・能チーム最高の練習量だ」と言うと、イ・ジョンスは「うちはスケジュール上、朝早くしか都合が合わなかった。ほぼ毎日、早朝に会って練習した」と言い、“ホダンペア”の活躍を期待させた。

特にこの二人に対する期待が高かったのは、チャンミンのためだった。チャンミンは卓球からボーリングまで、全くできない状態からスタートし、驚きの成長ぶりを見せてきた。しかしそんな努力にもかかわらず、まだ1勝も収めていない。ボーリングの最後のゲームだった光州(クァンジュ)双村洞(サンチョンドン)チームとの対決では、9フレームまで同点を記録したが10フレームで惜敗して涙を流し、「真情性チャンミン」「最善チャンミン」と呼ばれた。

すると、芸・体・能ボーリングチームのエースだったイ・ビョンジンは、チャンミンに「最強ではないけれど、最善を尽くす“最善チャンミン”はさらに素晴らしい!愛してる~」と言いながら芸・体・能チームの末っ子チャンミンに対する愛情を表した。このため、チャンミンの1勝は視聴者だけでなく、卓球とボーリングを一緒にやってきたメンバーたちの念願でもあるはずだ。

アイドルの命ともいえる脚がテーピングだらけになるまで練習を続けてきたチャンミンが、今回のバドミントンゲームでどんな活躍を見せてくれるのかに関心が集まっている。

テーピングしたチャンミンとイ・ジョンスの脚が公開されると、様々なコミュニティサイトでは「東方神起の海外コンサートの時はどうするつもりなんだろう…そんなに練習したんだ…」「うわ!チャンミンの脚じゃない」「もしかしたらチャンミンが1勝?」「チャンミンとジョンス、天が定めた縁だと思う。予告編だけでも目からレーザーが出るくらいのすごい勢いだ」「下手の反乱を予想。必ずリアルタイムで見よう!」などの熱い反応が続いている。

現場の観客とすべてのスタッフの予想を破り、手に汗を握らせる名勝負を見せた芸・体・能チームと中谷洞チームのバドミントンゲームは、16日夜11時20分から「ホドン&チャンミンの芸・体・能」第15回で放送される。

記者 : イ・ウイン