「黄金の帝国」コ・ス、撮影現場の写真を公開“久々のドラマ出演で緊張した”

MYDAILY |

写真=SBS
俳優コ・スがSBS新月火ドラマ「黄金の帝国」(脚本:パク・ギョンス、演出:チョ・ナムグク)の撮影に突入した。

コ・スは14日、仁川(インチョン)の市場やレストランで「黄金の帝国」の初めての撮影を行った。この日コ・スは劇中の妹チャン・ヒジュ役のユン・スンアと共に市場でトンカツを食べるシーンを撮影した。

「黄金の帝国」を通じて4年ぶりにテレビドラマに復帰したコ・スは、久々のテレビドラマの出演ということで少し緊張しているように見えたが、カメラが回ると妹の話に相槌を打ってあげる友達のような兄として平常心を取り戻し、安定した演技力を披露した。

初めての撮影を終えたコ・スは「久々のドラマ出演ということもあるが、初めての撮影だったのでとても緊張した。早く慣れるために頑張ったが、撮影がうまくいって嬉しい。下半期の期待作にふさわしく良い姿をお見せできるようにベストを尽くすので、ぜひ期待してほしい」と感想を伝えた。

コ・スはドラマ「黄金の帝国」で、頭脳明晰であり、確固とした情熱やユニークさなどすべてを兼ね備えた男だが、生活が苦しくて屈辱に耐えなければならないチャン・テジュ役を務めた。チャン・テジュは野望に満ちた人物だが裏切りを経験することで氷のような冷たい勝負師に変わっていく。

帝王の座をめぐって三人の男女の間で繰り広げられる争奪戦を描いた「黄金の帝国」は、SBSドラマ「追跡者 THE CHASER」の脚本家パク・ギョンスと演出家チョ・ナムグクがタッグを組んだ。

コ・スの他にも俳優ソン・ヒョンジュ、パク・グンヒョン、キム・ミスク、チャン・シニョン、リュ・スンスなどが出演し、「チャン・オクチョン」の後番組として7月1日から韓国で放送がスタートする。

記者 : チェ・ドゥソン