東方神起 チャンミン「ホドン&チャンミンの芸・体・能」でキム・ヨナをパロディーしたギャグを披露

MYDAILY |

写真提供=KBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~」放送画面キャプチャー
東方神起のチャンミンが体を張ったギャグを披露した。

韓国で7日に放送されたKBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~ 芸体能」では、2番目の種目であるボーリング対決を控えてボーリングの練習をする「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~」メンバーたちの姿が公開された。

この日、ボーリングの練習中に倒れたチャンミンは、予想外の体を張ったギャグを見せた。

これを見たタレントのパク・ソンホは「ギャグうまいね。ギャグ塾でも通ってるのか?」と褒め称え、MCカン・ホドンは「もう一度ギャグでウケたら、ギャグの天才として認めてあげるよ」と話した。

急な提案に迷っていたチャンミンは、新しい方法でもう一度体を張ったギャグを披露し、笑いを誘った。

これを見たカン・ホドンは「トリプルギャグを見せてくれ。君にはできるよ」とチャンミンをけしかけた。イ・スグンは「カン・ホドンは人に負担を負わせることに関しては1位だね」と話したが、結局チャンミンは3回目の体を張ったギャグに挑戦した。

3回目のギャグに挑戦するチャンミンに、カン・ホドンは「2回はできるかも知れないが、3回目は絶対無理だろう」と否定的に話し、パク・ソンホは「チャーリー・チャップリンでもできないだろう」と話した。

しかし最後の挑戦でチャンミンは、足を前後に開きながら倒れ、この姿はまるでキム・ヨナのフィギュアスケートの技“イナバウアー”を連想し、爆笑を誘った。

記者 : イ・ジヨン