チョン・ヘソン、女性らしさの際立つグラビア公開「ペク・ジニとGirl's Day ヘリを見て演技の勉強をする」

MYDAILY |

写真=「HIGH CUT」
俳優チョン・ヘソンのグラビアが公開された。

チョン・ヘソンは、最近発刊されたスタースタイル雑誌「HIGH CUT」を通じてドラマとは違う、ナチュラルで柔らかい魅力をアピールした。

今回のグラビアはシトラスウッド(Citrus Wood)、アロマティクフローラルなど、今年おすすめの4つの香りをテーマに撮影が行われた。チョン・ヘソンは時には暖かくて和やかに、時には清らかで透明に表情を変え、香りに相応する雰囲気を演出した。

撮影と一緒に行ったインタビューでチョン・ヘソンは「一生演技したい」という覚悟を示した。彼女は「おばあさんになるまで、死ぬまで演技したいです。今の私には、母親の演技ができないように、自身の年齢に似合う役割があります。それを一つ一つ演じながら自然に老いていきたいと思います」と話した。

現在SBS月火ドラマ「疑問のイルスン」を通じて“ガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと)”チン・ジニョン刑事役を熱演しているチョン・ヘソンは、同時間帯に放送中のドラマである「ジャグラス」と「トゥー・カップス」もモニタリングしているという。

チョン・ヘソンは「『疑問のイルスン』と同時間帯に放送されるペ・ジニ先輩主演のドラマ『ジャグラス』やGirl's Day ヘリさん主演のドラマ『トゥー・カップス』も全部モニタリングしています。あの方々の長所はあれ、私にできないことはこれという風にモニタリングを通じて勉強しています。視聴率は私の力ではできない部分ですね。それよりは私の短所について知って、また他の俳優たちの長所を学んで少しずつ発展していく方が大事だと思っています」と伝えた。

「疑問のイルスン」の現場では“カンスニ”というニックネームで呼ばれるという。「キム・ヒウォン先輩、ト・ギソク先輩、カン・シンヒョ先輩など劇中の広域捜査隊チームが私を“カンスニ(お茶目だという意味)”と呼んでくれてます。先輩たちが『ジニョン、良かったよ』と褒めてくれると、私は気持ちが良くなってダンスを踊ったりします。すると『ああ、またあのカンスニが』と言いながら皆笑ってくれます」と説明した。

チョン・ヘソンのグラビアとインタビューは「HIGH CUT」第213号を通じて確認することができる。

記者 : ホ・ソルヒ